人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.29

最近の「お年玉」の相場は?

子どもの頃、お正月で最も楽しみだったのは「お年玉」という人も多いのではないだろうか。しかし今や、お年玉を我が子や親せきの子にあげる立場となっていることが多いだろう。大人にとってお年玉といえば気になるのは相場。そもそもあげることのメリットも気になるところである。今回はマナー講師のアドバイスの下、お年玉について大人向けに紹介する。

■最近のお年玉事情 子どもはどれくらいもらっている?

近頃の子どもたちは、お年玉としてどれくらいの額をもらっているのだろうか。

●小学生

まずは小学生の額からみていこう。

バンダイが2017年1月に実施した「小中学生のお年玉に関する意識調査」では、小学生がもらったお年玉の平均金額は次の結果となっていた。

【もらったお年玉の平均金額】
小学生全体:22,502円
小学1~2年生:19,473円
小学3~4年生:22,810円
小学5~6年生:25,223円

●中学生~社会人(20代)

LINE Research Platform×博報堂共同研究プロジェクト『若者インサイトラボ』が2017年1月の実施したお年玉に関する調査では、中・高・大学・社会人の20代がもらったお年玉の平均総額が分かっている。

【もらったお年玉の平均総額】
中学生:32,471円
高校生:39,195円
大学生:41,600円
社会人(20代):19,388円

■大人はどれくらいの額をあげているのか

では、お年玉をあげる側はどれくらいの額をあげているのだろうか。

LINE Research Platform×博報堂共同研究プロジェクトの同調査では、20代は39%、30代は63%、40代は70%の大人がお年玉をあげていることが分かった。そして平均総額は下記のようになった。

【渡したお年玉の平均総額】
20代:13,897円
30代:17,672円
40代:24,619円

■お年玉はいくらあげるのが妥当か

20~40代は、お年玉を約1.5万~2.5万円の間であげているようだ。では一人当たり、年齢別にどれくらいの額をあげるのがいいのだろうか。NPO法人日本サービスマナー協会のマナー講師 植田比呂子さんは、次のように話す。

「お年玉をあげる主な対象は、自分の子ども、甥っ子・姪っ子を中心とした親戚でしょう。一人平均3,000円で5名程度へあげていると考えられます。

一人当たり、小学生は1,000円~3,000円・中学生は3,000円~5,000円、高校生は5,000円以上をあげるのが相場のようです。大学生以上になるとお年玉をあげるかどうかは人により見解の分かれるところでしょう。20代の社会人もお年玉をもらっている人が少なくないようですが、個人的には成人したらお年玉は卒業と考えます」

また、お年玉の額はマナーの視点から考える必要もある。

「自分の子どもが相手の両親などからお年玉をいただいている場合は、額をそろえるのがマナーです。そうでなければ、あまり相場を気にせず無理のない範囲で。例えば、親戚の人数が多い場合は年齢に関係なく3,000円にしたり、小学生は一律1,000円にしたりするといいでしょう」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ