人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.29

H.I.S. のInstagram活用術「コミュニティーづくりが大事。フォロワー数は重視しない」

【Example ♯01】H.I.S. 「タビジョ」

「タビジョ」

[DATA]
アカウント開設…2016年3月
フォロワー数…約4万1650人
投稿回数…1日2回(目安)

H.I.S. 「タビジョ」

「インスタ映えする写真撮影」は、今や旅好き女子の最重要目的のひとつ。そんな彼女たちのコミュニティーがH.I.S.がインスタ内に開設する「タビジョ」アカウントだ。上写真は「#タビジョ」をつけて投稿があった写真から編集部がセレクト。楽しげな色使いとセレブなオシャレ感がSNS女子の「作法」だとわかる。
写真提供/上段左上から@mimi___1121さん、@aym210さん、@xxcaoxxさん 下段左から@11.19.yoloさん、@mimi___1121さん、@koichaaaaaaamさん)

 アメリカ国旗を背負いながらグランドキャニオンの前に立つ女性の姿。宮古島のビーチで揃ってポーズを決める水着のグループ――。

 そんな〝旅する女子〟のポップな画像が並ぶのが、旅行会社H.I.S.が開設するアカウント「タビジョ」だ。インスタ内のコミュニティーとして、旅好きな女性の交流の場となっている。

「ほぼすべてがユーザーの方々からの投稿画像。いわゆるUGC(User Generated Contents)です」と同社の丹下陽一郎さんは言う。

 まず旅の写真をインスタユーザーが「#タビジョ」とハッシュタグを付けてアップ。その中でも目を引く画像を同社が選び、ユーザーに掲載許可を得て「タビジョ」アカウントに転載している。

 フォロワー数は現在約4万人。「#タビジョ」とハッシュタグの付いた投稿は計45万枚に迫る勢いで、最近は5日間で投稿が1万枚を超えるというハイペースだ。掲載された画像には「私もここで写真を撮りたい」といった共感のコメントが多く書き込まれるという。

 要するに「タビジョ」アカウントは、口コミのようにインスタ女子を「憧れの旅」へと誘う最も有効な情報源となっているわけだ。

「そもそも私たちチームのSNSにおけるミッションは『旅行したい』という気持ちをいかにして多くの方に持ってもらうかということ。しかし先発のフェイスブックなどは、ユーザーとの間に距離感がある。例えばウユニ塩湖などの絶景写真をアップするとコメントは付くけれど『〝いつか〟行ってみたい』という反応です」(丹下さん)

 一方で、若い世代の身近なSNSであるインスタでは、自撮り文化に親しんだ女性が自分の姿を景色や街に溶け込ませた旅行写真をアップしていた。しかも景勝地ではないカフェやストリートなどが巧みにかわいく切り取られ、多くのコメントが躍っているのだ。

「商業主義では撮れない、リアルな共感を呼ぶ投稿ですよね。ならばいっそ、インスタのアカウントは、ユーザーの方々の力をお借りするプラットフォームとしたほうがいい、と感じた」(丹下さん)

 そこでインスタのアカウント名も社名ではなく「タビジョ」に。あくまで、主役は画像投稿する〝旅する女子〟たちなのだ。

「とはいえ開設当初の半年はフォロワーも数百人。投稿もわずかでした」(同社の三瓶佳奈子さん)

 そこで同社はコミュニティーを盛り上げる策を実践し始めた。

《 H.I.S. Instagram Team 》

H.I.S. Instagram Team
「タビジョ」を運営するのはコーポレート・コミュニケーションチームの丹下陽一郎さん(右)と三瓶佳奈子さん(左)。「仕事で始めましたが、すばらしい写真に感化され今やすっかり自分も『タビジョ』の皆さんのような写真を撮っています」(三瓶さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ