小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真面目で一生懸命の頑張り屋さんは精神的疲労が重症化しやすい

2018.01.04

★うつと間違えやすい?まじめな人や元気に見えた人が突然朝起きられなくなるわけは?

「やる気満々だった人が、突然朝起きられなくなったり、一晩寝ても疲れがとれず元気がなくなることがあります。彼らは普段感じたことのない強い疲労感で、仕事も手につかなくなってクリニックに来られます」と新宿溝口クリニック院長 溝口徹先生は語っている。

「最初は内蔵の疾患を疑い内科を受診。それでも原因が特定できずに心の疲労を疑います。うつと間違いやすいこれらの疲労感は実は栄養失調で起きている場合が多い」と溝口先生は指摘している。

「仕事への気合が空回りしてストレスとなり、加えて過剰なアルコール摂取をすると、神経の働きを正常に保つ働きのあるビタミンBを消費してしまいます。その結果エネルギー不足が起こり強い疲労感や抑うつ感を引き起こします。」と解説する。

★予防と対策には、適切な栄養指導と疲労回復に効果的なビタミンB

「特に若い人は食事を簡単に済ませてしまうというのも良くありません。パン、ごはん、パスタなどの主食は含まれる栄養素の多くが炭水化物=糖質です。糖質を過剰に摂取すると、その代謝のために大量のビタミンB群が消費されてしまいますので、ストレスでビタミンBを消費しているところへ、さらに消費→欠乏という悪循環に陥ります。
性格的にはまじめで、何にでも一生懸命頑張ってしまう方、集中すると何時間でも一つのことに没頭してしまう方は特にビタミンBが過剰に消費されるので注意が必要です。彼らの多くは、適切な栄養指導と疲労回復に効果的なビタミンBなどの点滴治療で快方にむかいます。長引く原因不明の疲労感はぜひ栄養失調を疑ってほしい。全ての血中栄養素欠乏症の予兆として『疲労感、抑うつ感』があります。その予兆に対して早めの対処が必要です。」と溝口医師は呼びかけている。

構成/編集部

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。