人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.28

スター・ウォーズ『最後のジェダイ』を観る前に知っておきたいキーワード8

 予想を裏切る展開が期待される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。いまだ謎に包まれているストーリーをより深く楽しむための重要な8つのキーワードをさらっておこう。

 今回タイトルになっている「最後のジェダイ」。これは誰のことなのか? 立田さんは「それは『フォースの覚醒』を観る限り、ルーク・ス カイウォーカーで、ライアン・ジ ョンソン監督もツイッターで認めています。が、今作での意味合いが変わる可能性がある」と言う

 また『フォースの覚醒』のオープニング・クロールにもルーク=最後のジェダイの記述もある。

「今回それがどうなるのか? ルークとカイロ・レンが直接対峙すること、そしてレイやフィンの成長、誰かがダークサイドに堕ちたり、命を落とすことも予想されるので、最後のジェダイとは誰なのか、そこに注目してください」

 もしスカイウォーカーが戻れば、新たなジェダイが立ち上がる……スノークはそう言っていたが、果たしてその真相とは!? 『エピソード5』のような衝撃展開があるのか? ぜひ劇場で見守りたい。


大学時代から編集・ライターとして活動。現在は映画ジャーナリストとして『エル・ジャポン』を始め様々な媒体に執筆。好きな『スター・ウォーズ』のキャラクターは、『フォースの覚醒』にも登場したピンク色のアストロメク・ドロイド「R2-KT」。好きなスター・ウォーズ作品は『エピソード5』。

【KEYWORD01】前作で〝覚醒〟したのは誰だったのか?

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で覚醒したのは誰なのか? 立田さんは驚くべき人物を上げた。

「それはファースト・オーダーのストームトルーパーだったフィンです。レイがたいへん高いフォース=センシティブであることは確か。ですが、フィンも覚醒したという根拠は、マズ・カナタからレイの代わりに手渡されたアナキン・スカイウォーカーのライトセーバーを、初めてにも関わらず使いこなしたことです」

 また立田さんは多くの観客が「ミスリード」させられているのではないか、と考えているそうだ。

「ファースト・オーダーの最高指導者であるスノークが『覚醒が始まった。感じるか?』と聞くシーンがあるのですが、「はい」と答えたカイロ・レンはこの時点ではまだレイには出会っておらず、レイも能力を発揮していないのです!」

 さらに立田さんは12月15日に発売された『アート・オブ・スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に「フィンの覚醒」という内容が収録されていることもその証拠として挙げた上で、「『フォースの覚醒』のポスターはフィンがライトセーバーを持っているんです」と指摘する。

「ライトセーバーはジェダイのものである、というのは周知の事実。フィンが覚醒したことは間違いないと言っていいと思います」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。