人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.28

来年の参考に!もらいたいお歳暮TOP3

お世話になった方々に感謝の気持ちを込めて物を贈る「お歳暮」。マクロミルでは百貨店各社がお歳暮商戦最盛期の12月第1週に、全国の20~60代の男女に対してお歳暮事情調査を実施。お歳暮の贈答率や、贈る相手、予算、また、もらいたいお歳暮などについて、その調査結果を公開した。ぜひ来年の参考にしていただきたい。

2017年にお歳暮を贈った人(アンケート回答時に「贈る予定」と回答した人も含む。以降も同様)はどれくらいいるのか。また、どんな相手に贈ったのか。贈ったと回答した人は全体の39%。また贈った人に相手を尋ねると「親戚」が最も多く35%、次いで「自身の父・母」「配偶者の父・母」がそれぞれ25%、「友人・知人」が21%という結果に。お歳暮は「お世話になった方への年末の挨拶・お礼」として贈るものですが、2017年現在、お歳暮は、親戚や両親など血縁関係者に贈るという人が多いようだ。

お歳暮を贈る相手ごとに、1つあたり予算をどれくらいかけたか聞くと、贈る相手を問わず3000~5000円が最も多いことがわかった。では、誰に贈るお歳暮が、最も予算が高いのか。5000円以上と回答した人が最も多かった贈り先は「配偶者の父・母」で32%だった。

では、お歳暮で何を贈れば喜ばれるのかを確認するため、お歳暮で“もらいたいもの”を質問した。最も多かったのは「ハムなどの肉加工食品」で37%、次いで「スイーツ」30%、「酒類」27%。一方で、お歳暮に購入したものを尋ねると1位「肉加工食品」32%、2位「酒類」31%、3位「スイーツ」20%。お歳暮は欲しいもの・贈りたいものが比較的一致している傾向と言えそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ