人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ、残念な人になってしまうのか?人生を狂わせる3つの「不合理な期待」

2017.12.27

■“残念な人”の特徴6

 精神的に幸せを感じにくい環境、相対的に幸福度が低くなる社会が問題視されているのだが、外部的要因ばかりでなく当人に問題があるケースもある。自分から不幸を呼び込んでいる人々が少なからず存在しているというのである。

 人生では時に不幸を甘んじて受け入れなければならないこともあるが、味わう必要のない不幸を選ぶことが習慣になってしまっている人々がいる。一度不幸を受け入れてしまうと、習慣化してネガティブなサイクルに陥ってしまうのだ。こうしたきわめて不幸で残念な人に共通する6つ習慣を「Spirit Science」の記事が指摘している。“残念な人”の特徴をこの機会に確認しておいても無駄ではないだろう。

○被害者意識
 自分には運がなく常に被害者であり犠牲者であると自己憐憫する人々がいる。同情を買うことで周囲と繋がろうとし、不幸の“タネ”が尽きないように無意識のうちに不幸を呼び込んでいる。

○不平不満を愛している
 不平不満をたらたら述べることを実は愛している人々がいる。不幸な体験や問題についての不服を誰かに聞いてもらうことでいったんは気分が収まるため、根本的な問題解決への取り組みが行なわれないのだ。

なぜ“残念な人”になってしまうのか?不幸を科学する話題3選
Spirit Science」より

○批判を極度に恐れている
 相手が何を考えているのか、誰しもある程度は気にするものだが“残念な人”は極度に気にしすぎている。そして自分に対する批判的な意見を受け入れないため、コミュニケーションが成立しなくなり、孤立することでますます不幸になる。

○ゴシップを愛する
 自分の生活に満足が感じられないことの反動で、幸せに見える有名人の生活に訪れた不幸を詮索することに生きがいを感じるようになる。

○連続ドラマ好きである
 連続ドラマのストーリーは往々にして主人公に次から次へと問題が降りかかってくるのだが、その展開を“残念な人”は自分に重ね合わせることができるためこの種のドラマが大好きである。

○人と繋がりたいが孤立している
“残念な人”は人一倍他者との信頼関係を築きたいと望んでいるのだが、傷つくことを極度に恐れているために安定した友人知人関係が保てずに結果的に孤独に陥る傾向がある。

 このように“残念な人”は自ら不幸を招き入れるようなネガティブなサイクルに陥っている。自分にも当てはまるものがないのかどうか、一度検討してみてもよいだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。