人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.27

なぜ、残念な人になってしまうのか?人生を狂わせる3つの「不合理な期待」

なぜ“残念な人”になってしまうのか?不幸を科学する話題3選

 先進的で豊かな社会に暮らすことで、必ずしも幸せな気分を味わえるわけではない。“健康で文化的な生活”を送っていながらもどうして幸せを感じられないのか? 注目すべき考察がいくつか発表されている。

■アメリカ人の7つの不幸のタネ

 世界一の経済大国であるアメリカだが、最新の「世界幸福度ランキング」では13位だ。世界第3位の経済大国である日本にいたっては53位というお粗末過ぎる順位である。そしてアメリカの中でも冨と夢の象徴であるニューヨークの住民が、最も幸福度が低いというショッキングな報告も発表されている。

 そこで経済系オンラインジャーナルの「Market Watch」では、現在のアメリカ人が日々の生活に不満である要因を7つ指摘している。豊かな国の中でいったい何が“幸福度”を押し下げているのか。

○物価上昇に賃金が追いついていない
 いわゆる「リーマン・ショック」の後の大不況(グレートリセッション)に多くの人々が今も苦しめられている。ある調査によれば、アメリカ人の銀行口座の残高は実にその62%が1000ドル(約12万円)以下ということだ。日々の生活はやりくりできても、緊急の出費や大きな買い物への対応がとても難しくなっていることが幸福度を大きく下げる要因になっている。

○処方薬の量が増えている
 アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の調査によれば、この10年で抗うつ剤の処方量が4倍に増えたという。処方箋薬ばかりでなく、違法薬物についても年々流通量が増えていると言われている。薬物に依存した状態で幸福度が高まるはずもないだろう。

なぜ“残念な人”になってしまうのか?不幸を科学する話題3選
Market Watch」より

○スマホ中毒になっている
 スマホやパソコンなどの情報端末に費やす時間がますます増えている。情報端末の利用に時間をとられることで、特に成長期の子どもたちの感情認識力の養成が妨げられているという。感情面のスキルを養成することは、将来の学業の成就や社会的成功に大きく関わっているといわれている。スマホ中毒に陥ることで感情的な交流が損なわれ、生活の満足度も低くなるのだ。

○国民の半数がストレスを抱えている
 米公共ラジオ局とNPO機関、ハーバード公衆衛生大学院が合同で行なった調査では、対象となった成人2500人をのうちの半数が昨年きわめてストレスフルな出来事を体験したということだ。特に中高年においては健康問題が深刻なストレスになっているという。

○金持ちや有名人の生活を目にすることが増えた
 SNSの普及によっていわゆる“セレブ”たちの生活の一端を垣間見ることができるようになっている。また有名人ではなくとも富裕層がどんな生活を送っているのか、一般庶民にもよりよくわかるようなった。それらの人々の生活と現在の自分の生活とのギャップを痛感させられることで必要のないストレスを受けることになるのだ。

○ゆっくり休んでいない
 アメリカ人といえば社会人でも長い夏休みをとっているイメージがあるのだが、最近の調査では有給休暇の消化率は平均5割ほどであるという。加えてアメリカでは昼休みの休憩時間を労働時間とみなしていない職場も多く、意外なほどに休めていない実態が浮かび上がっている。

○不健康である
 昨年、米国の南部を中心に5つの州で肥満率が上昇しており、今や成人の4分の1が肥満に分類されている。研究者によっては、実際には米国民の3分の1が肥満であると主張する声もある。自分の体重に無関心であること、食事を1人で摂ること、砂糖を摂りすぎていることなどが主な元凶であると考えられているが、やはり健康なくして幸福もないということになる。

「幸福度ランキング」13位のアメリカでこのような事態に直面しているならば、53位の日本ではさらにストレスフルな環境に晒されているのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。