小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お正月に盛り上がること間違いなし!変わり種かるた4選

2017.12.31

■『猫かるた

 主に妖怪や猫をユーモラスに描いたイラストで人気の絵師、石黒亜矢子さんがイラストを、動物が主人公の児童書作家として知られる岡林ちひろさんが読み札を担当して生まれたのが、この『猫かるた』(白泉社刊)。


『猫かるた』表紙

 体裁は横長の冊子で、各ページに猫の絵の描かれた取り札、猫好きがほっこりする読み札、そして簡潔な解説というかコメントが添えられている。例えば「さ」の読み札は「さっき食べたのにもう『なんかくれ』」、コメントは「人間同様、食べ盛りのオスの食欲はスゴい。正直たまに引きます。隠してある食べ物の袋を引っ張り出して破くのも、だいたいオス」というふうに。

 ミシン目に沿って、切り離せばかるたとして遊べるが、読み物としてペラペラめくって、「飼い猫あるある」を楽しむのも一興だろう。


『猫かるた』の「ま」のページをめくったところ

 

■『上越妙高ふるさとかるた

 新潟県上越市の『上越妙高ふるさとかるた』は、読売新聞に折込みの『上越よみうり』に連載されていたものを商品化したもの。幾つかの自治体が、地元の人に郷土のよさを知ってもらうために「ふるさとかるた」を発行しているが、こちらは「究極の郷土愛」と銘打って面白系に振り切った異色作。

 読み札には、「歌舞伎じゃない『玉三郎』はパチンコ店」、「着飾って行く先はイオンかな」など、その地に住んでいる人なら笑えるネタが満載で、しかも取り札の絵は愛らしい。「ワイパー立てて駐車する雪国の常識」といった豪雪地帯ならではの文言もあり、地元民でなくとも興味深く遊べそうだ。

協力/フォントかるた制作チーム、氏田雄介

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。