人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お正月に飲みたい「おせち」に合うビールは?

2017.12.29

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~お正月に飲みたい「おせち」に合うビールは?

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 ふだんは目いっぱい洋風なくらしをしていても、お正月だけは純和風に過ごす人が多いことだろう。独身者なら実家に帰る。家族持ちなら、親族が集う親元に一家で帰省する。そうなると、リビングのテーブルにはふだんと違った大人数が一同に介し、元旦から、おせち料理を頂くというベタな絵ズラが浮かんでくる。実際、まだまだこんな家が多いはずだね、ザ・ニッポン!

 おせちだと、日本酒。という流れになることが多いと思うのだが、そこはそれ、我らビール党としては、形だけおちょこに口を付け、縁起物いうテイで一杯だけ舐めて、ささ、次はビールへと気もそぞろ。ちなみに僕は、オクサンの実家でほぼ毎年元旦を迎えるが、まさにこの状況で、娘婿の立場も顧みず、口調だけはおずおずとだが図々しく「あもー。ビール、あります?……」と、チラリ冷蔵庫に視線を送るのだ。

 おせちには日本酒が合うということは否めない。では、ビールが合わないかというと決してそんなわけはない。全国のビール党のみなさんは、ふだんから居酒屋の純和風メニューでもビールでいってるはず。なのだから、おせちでもビールで押そうではないか。

 ここで、おせち料理について考えてみる。そもそもこのおせちは、分類王である僕にとって、大変興味深い分析対象であり、以前、こんなインフォグラフィック記事を書いたりしたこともある。分類魂を大いに刺激してくれるのだ。

「おせちの詰め方」を「プラモデルの組立図」で見立て、構造的に見せるインフォグラフィック

 これは味とは関係なく、構造的見地からの分類なわけだが、味についての分析で、こんな記事があった。

おせち料理の種類とその意味を知ろう

 これによると、<大きく分けて、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類>なのだと。そして、ラインナップのそれぞれを見ていくと、海産物、野菜が多めということはわかる。味付け的には、<甘い味>が多い。あと、魚貝の味が目立つかなと。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。