人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『機動戦士ガンダムUC』と『スター・ウォーズ』には同じスピリットが宿っている!?

2017.12.25

近年『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』といった日本を代表するアニメーション作品の続編やリブートを手がけている福井晴敏さん。同じように“旧三部作”と“新三部作”を引き継いだ新たなサーガの始まり『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』について聞くと「素晴らしかった」と感想を述べた。

■全く同じスピリットで作られた『機動戦士ガンダムUC』と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

近年『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』といった日本を代表するアニメーション作品の続編やリブートを手がけている福井晴敏さん。同じように旧3部作と新たな3部作を引き継いだ新たなサーガの始まり『フォースの覚醒』について聞くと「素晴らしかった」と感想を述べた。


MovieNEX(発売中/デジタル配信中)

「ルーカス御大は『何も新しいことをやってない』と言ってましたが、俺たちの気持ちをすごい慰めてくれた作品だと感じましたね(笑)。これって日本のアニメ界と似たようなところがあって、作り手がシリーズの次の作品を作る時に『どうやって前作を裏切っていくか』というテーゼで作るようになっていて、もっと深く、もっとソリッドに、もっと上等なものを、とやった結果、人気が下降してしまうことがあるんです」

コアなファンの多い作品の続きを作ることにプレッシャーはないのか、と質問すると「『ガンダム』も『ヤマト』もいっぺん沈んでいたので、これをどうやって盛り返すのか、自分が子どもの頃に見た作品のあの空気をどう取り戻すのかが大事だったので、プレッシャーよりむしろやりがいを感じました」という答えが返ってきた。


MovieNEVX(デジタル配信中)

「そこに落ちてるのにどうして誰も拾わないんだろう、というものが俺には見えていたんです。もしそれが見えていなかったら、引き受けなかったでしょうね。J. J. エイブラムス監督にもたぶん同じものが見えていたんだと思うんですよ。旧3部作と新3部作を見て『できてないのって、コレじゃん!』というものが。俺の場合、新しい作品を観たい人の気持ちをちゃんとすくい上げたら商売になるんじゃないかという提案が『機動戦士ガンダムUC』で、『フォースの覚醒』もそこはまったく同じスピリットでやってるなって感じがしましたね」


MovieNEVX(デジタル配信中)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。