人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.25

ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、リチャード・ブロンソン、ロケット旅行を最初に実現する経営者は?

 数年前、大ヒットしたTVドラマ『下町ロケット』。主役の零細企業社長の宇宙産業にかける熱い技術者魂がこの物語の主役だが、世界のエグゼクティブもまた、ロケットに夢中になっている。Amazon.com(アマゾン)創業者のジェフ・ベゾス、テスラモーターズ創業者のイーロン・マスク、ヴァージン・グループ会長のサー・リチャード・ブランソンなど、世界を代表する天才経営者が、宇宙を、未来を目指している。

アマゾン、テスラ、ヴァージン…ロケット旅行を実現する天才経営者は誰?

■世界の通販に革新を起こし、宇宙に物流をもたらす

 ネット通販の巨人、アマゾンの創始者であるジェフ・ベゾスは米フォーブス誌によると320億ドル(約3兆8400億円)もの資産をもつという。ECでの大成功で巨万の富を得たベゾスは、2000年9月に宇宙開発のための会社、ブルー・オリジンを立ち上げた。ブルー・オリジンは宇宙船で無重力体験を楽しんだり、地球を眺めたりできる民間宇宙旅行の早期実現を目指すが、2億ドル(約240億円)を投じてケープカナベルで軌道飛行ロケットの発射実験も行っていく。

アマゾン、テスラ、ヴァージン…ロケット旅行を実現する天才経営者は誰?

 その礎となるのが、単段式のロケット「ニュー・シェパード」による打ち上げ実験だ。2015年11月23日に、西テキサスにあるブルー・オリジンの試験場から打ち上げられた同機は、最速マッハ3.72で高度100.5kmまで到達(地上から100km以上が“宇宙”と認められる領域)、その後クルー用のカプセル(今回は無人)を分離し、ロケット部分は降下。地上から1.5kmの地点でエンジンに再点火して減速を行い、機体を制御しながら着陸地点に降り立ったのだ。

アマゾン、テスラ、ヴァージン…ロケット旅行を実現する天才経営者は誰?

 やがて上空で分離したカプセルも、パラシュートを使って地上に戻ってきた。将来的には人間が搭乗する予定。

アマゾン、テスラ、ヴァージン…ロケット旅行を実現する天才経営者は誰?

 垂直着陸の驚くべき姿はこちらの動画でチェックしたい。

 2015年4月にも同様の試験を行ったブルー・オリジンだが、当時は高度93kmまで到達したが、着陸に失敗した。その痛手を乗り越えての成功は、宇宙空間に到達したロケットが、そのまま垂直に着陸する偉業であり、歴史上初のできごとであった。

 だが、ベゾスの夢は宇宙の入り口への到達だけにはとどまらない。オバマ大統領が打ち上げた「火星有人飛行」も踏まえ、「我々の最終的な展望は、宇宙に住み、働く何百万もの人達の姿を見ること」という。ベゾスには宇宙でのアマゾンの展開も、すでに視野に入っているのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ