人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.23

入社5年目社員の本音「部屋にビールの壁ができました」キリンビール・京谷侑香さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ
~キリンビール・京谷侑香さん(27才、入社5年目)~

「20代の部下とコミュニケーションは上手くいっているのか、イマイチ自信がない」そんな管理職は多いはずだ。20代の社員はどんなマインドを秘めているのか。また若い世代にとっても、同世代がどのような仕事をしているのか、興味のあるところだ。そこで入社3~5年の社員の話にじっくりと耳を傾け、彼らの本音に迫るのがこの企画である。

第6回目はキリンビール株式会社、マーケティング本部マーケティング部 ビール類カテゴリー戦略担当 新ジャンルチーム ブランドリーダー 京谷侑香さん(27才)入社5年目だ。

●「偶然ですねぇ」

入社試験では「私、死ぬほどお酒が好きなんです」という話をしましたね。スコッチやラム、テキーラから見えてくる世界。ビールは国によって味が異なるし、お酒の背景にある文化みたいなものに、関われたらという話もしたと思います。

福岡のビール工場等での5ヶ月の研修の後、京都にある京滋支社に配属され、店舗周りの仕事と量販店の営業に携わりました。振り返ると配属された当初は学生気分でしたね。量販店の店長さんや担当者さんと、コミュニケーションを重ね売り上げを作る仕事ですが、「商品の案内をしましたが、いらないと言われました」会社に戻ってそんな報告をした。

「あのさ、仕事って結果を残すことだから。狙った結果が得られるように、意識を変えていかないとね」

リーダーにやんわりと諭されまして。仕事って、まずやることが与えられていて、それを実現することなんだ。商談の相手にどう思われるかという気持ちを乗り越え、相手がどう動くかということも考えて、与えられた目標をクリアし結果を出す。当たり前のことなんですが、それが仕事だと自覚をしまして。

京滋支店に配属された年の暮れのことです。

「京谷さん、年間の目標の達成はちょっときついよね。でもまぁ、よく頑張ったよ」と、12月初めの部長面談の時に言われまして、

「やります、絶対に年間の目標を達成します!」と、部長にいい切ったんです。営業として、与えられた目標をクリアできないのは良くないと、私は思い込んでいて。絶対に達成したかった。部長に宣言した日から走り回りました。

年末は量販店のバイヤーさんも店舗を手伝ったり、忙しくて時間を取ってもらえない。バイヤーさんがどこの店に手伝いに行っているかを、店舗で仲良くなった人から聞いて、車の横で待ち伏せして。

「あれ、偶然ですねぇ」とか、笑顔で声をかけて商談に持ち込む。「私、この店もあの店も巡回して、ポップを付けたり売り場のメンテナンスや商品の補充もしますから、年末に欠品防止が出ないよう、商品の追加発注をお願いできませんか」

そんな感じで、年末ギリギリまでバイヤーさんたちの間を走り回った。「またおるやん(笑)」「もう顔見るの嫌や、早く実家に帰れや(笑)」とか言われても、「お願いしますよ」と、頼み込んで。どこのお店に何ケース入ったか、問屋さんには毎日電話で問い合わせて。

私のような新人を渋い顔をしながらも、受け止めてくれるバイヤーさんたちがいて、ラッキーでした。結果的に私の年間の売上目標を達成できました。居酒屋でビールの大ジョッキを片手に、よく口論をする厳しい先輩に、この時ばかりは「頑張りましたね」と、声をかけられたのを覚えています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ