みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >雑誌『DIME』の付録を使って初めての…

雑誌『DIME』の付録を使って初めてのVR体験!世界中を絶叫させるあの動画を観てみると……(2017.12.22)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数々のヒットアイテムを紹介し、ビジネスパーソンを夢中にさせるライフハックマガジン『DIME』。今回、その2月号の付録がアツイという情報を得て、すぐに書店へ走った。そう、スマートフォンを使って3D映像を体感できる「DIME 3DIMENSIONS VR GLASS」が付録としてついてくるというのだ!

「VR体験スポット」「VRゲーム」など、世間がやたらVRで賑わっていることは知っていたが、「ふ~ん」と素知らぬ顔を続けてきた。それが雑誌『DIME』の税込890円で体験できるというなら安いもの。周囲にはひねくれたことを言いつつ、実はVRには多少興味があったため、家に帰りVR関連ページを読んでみた。

VRがどのくらいすごいのかは、この場で語っては本誌のパクリになるため割愛しておこう。とりあえず、ページをめくる度にVR熱は加速的に高まっていく。VR体験スポットに出かけたい。いや、出かけなくていい。私には「DIME 3DIMENSIONS VR GLASS」があるのだ!

付録(VR GLASS)の使い方はわりと簡単。本体からレンズをペコペコっと押し出し、立体的な形に。あとはレンズの反対側にあるでっぱりにスマートフォンをセットするだけ。「え、こんなに簡単なのね!」とややびっくりしつつ、次は『DIME』の本誌から、見てみたいVR映像がないか探してみた。

私事ばかりになるが、私はホラー映画やホラー漫画の大ファンだ。現在上映中のワーナー・ブラザーズの映画に『IT/“それ”が見えたら、終わり。』というものがあるが、これにはかなり注目していた。(ちなみに、まだ見ていない)今回は早速、この映画の予告編をVRで体験してみることに!


「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.Photograph : Shane Leonard

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。