人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンの9割が働き方改革推進の必須条件として上げたものは?

2017.12.22

働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようとする「働き方改革」。ワーク・ライフ・バランスの実現や生産性の向上などを目指して、新たな取り組みを進める企業も増えている。そんな働き方改革を目的に導入した取り組みを実際に活用しやすいかどうかは、「社内の風通しの良さ」も重要な要素となるはず。

そこで通信インフラサービスを取り扱うALL CONNECTでは、上司がいる20代会社員400名を対象に「社内の風通しに関する調査」を実施。先日、その回答結果を公開した。

まず、会社で導入している働き方改革の取り組みを聞いたところ、最も多い回答が「育児休暇」60.8%、次いで「長時間労働の削減」42.5%となった。将来に向けての労働力確保が大きな課題となっている中で、働き方改革の一つとして「育児休暇」・「長時間労働の削減」に重きを置いている企業が多いのかもしれない。

1か月のおおよその残業時間を聞いたところ、全体では8割が「30時間未満」であることがわかりました。前問で「長時間労働の削減」が上位となった結果から、長時間労働の削減については順調に進んでいる企業が多いのかもしれない。また、「10時間未満」という回答を性別で比較すると、男性が28.4%に対し、女性が53.7%と25.3pt差が出る結果となった。

働き方改革の取り組みをよりスムーズに行うために「社内の風通しの良さ」は重要であるかを質問した。「重要である」と「やや重要である」を合計すると9割が「重要」と思っていることが判明。働き方改革の取り組みとして、仕組みや制度を導入すると共に仕組みや制度を実際に活用しやすい社内環境を整えることも重要だろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。