人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来年3月デビュー!小田急の新型ロマンスカーの展望席はプラチナチケット化必至

2017.12.22

 続いて展望車両となっている1号車(反対の7号車も同様の設計)に入ると先ほどの車両よりも解放感があることに気づく。よく見ると頭上の荷物棚がない。「先頭の展望席だけでなく、その号車全体の眺望を考慮した設計」(岡部氏)になっているそうで、確かに後方座席でも少し腰を浮かせば前面展望が楽しめるほど抜けのよい空間になっている。最前面の展望席は大型の窓で構成された特別な空間が広がっている。今回は停車中の車内だが、実際に走行中のシーンを想像するだけでワクワクする。


当日公開された展望車両1号車。網棚がなく見通しが良い


GSE最大の見どころの展望席。大型化された窓からは迫力の車窓が楽しめる


解放感のある展望席最前部

 新型ロマンスカー70000形GSEは来春2018年3月中旬の小田急線ダイヤ改正に合わせて運行を開始する予定だ。最初は1編成での運行だが最終的には2編成体制になる。新ダイヤでは新宿発9:00(土休日のみ)、10:00、11:00の特急が展望車両のあるロマンスカーで運行される。ただ、そのどの列車にGSEが入るかは日によって変わるので事前にホームページで告知がされる予定だ。また、上記の列車に限らず、早朝や夜間の通勤時間帯にも運行されるので、日々の通勤で非日常を味わうのもおすすめだ。

 最後に、この新型車両が導入されることによって気になるのが現在ロマンスカー最古参となっている7000形LSEの去就。これについて星野社長は「GSEデビュー時には共にロマンスカーファミリーとして活躍する。しかし、いずれは車両更新をするタイミングは来る。引退したとしても7000形を保存するという動きが出てくる可能性は否定できない」と語る。岡部氏は「同じく展望席を持つLSEのボリューム感、思いや伝統を引き継いだ」とデザイン面からLSEとGSEの関連をふれた。


去就に注目が集まる最古参の7000形LSE。GSEにもつながるデザインを持つ


今でも人気が衰えることはないLSEの展望席

 年末に発表された大注目のGSE。新ダイヤ、新型車両、新制服と新しいことづくしの小田急電鉄。2018年の春の大リニューアルが今から待ち遠しい!

取材・文/村上悠太

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。