人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ『XC60』ってどんなクルマ?

2017.12.22

■ボルボのならではの安全性。未来図も見えてくる。

ボルボに乗りたい人にとって、期待するのはやはり安全性だろう。新型『XC60』も、その期待を裏切らない。フルオートブレキーシステムや歩行者、サイクリング検知機能など、従来のボルボ車で採用した安全機能は引き続き装備。さらに北欧でも問題視されている路上に飛び出す鹿を検知して衝突を避ける「大型動物検知機能」や、他のクルマとの衝突が避けられない状況を検知すると、ブレーキの他、ステアリング操作もサポートする「ステアリング・サポート」も搭載した(世界初)。
これらの設計からボルボが2020年の実現を目指している自動運転化が、着実に近づいていることを実感できる。

ボルボは数年前から社内の改革に乗り出しており、今回の日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞で、その成果が認められたことになるのだろう。

ただ、今の自動車産業界は大きな転換期を迎えている。そのひとつがEV化だ。ボルボは2017年7月に、2019年までに全車種EV、PHV、もしくはHVをラインナップし、内燃機をやめるという方針を打ち出した。この動きは世界中の様々な国と自動車関連メーカー、家電メーカーを巻き込んだ大きな流れに繋がっている。

今後『XC60』にも、その流れが確実に盛り込まれてくる。このクルマはその激動ぶりをユーザーに教えてくれるクルマになるのかも知れない。

XC60 T5 AWD  Inscription 車両本体価格679万円(税込)
全長4690×全幅1900×全高1660mm、ホイールベース2865mm、最低地上高215mm、車両総重量2105kg、定員5人。

 

 

文/中澤雄二

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。