人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.22

古い化粧品っていつまで使えるの?

■連載/メンズビューティー通信

化粧品っていつまで使えるもの?

最近は、オーガニック化粧品や無添加の化粧品など、使用期限が記載されている商品も増えてきましたが、大抵の化粧品には、特に期限が書かれていません。

「もらったものの、使うの忘れてた…」とか「ドラッグストアで安かったので、ストック買いした」なんてこともあると思いますが、化粧品っていつまで使えるか知っていますか?

kigen

書いてなくとも、化粧品には使用期限がある!

実は、化粧品は安全性や品質を一定に保つよう、法律で厳しく規制されています。

その中で、化粧品の使用期限に関する通達が、当時の厚生省から1980年に出されているのですが、それは「高温多湿、温度変化の激しい場所、直射日光の当たる場所を避けるなど、適切な条件下で3年以上品質が安定している化粧品は、使用期限表示の対象にならない」というもの。

つまり、国内で売られている使用期限が書かれていない化粧品は、3年が使用期限、ということになります。

これは未開封の場合に限ってのことで、一度開封してしまうと、空気中に浮遊する雑菌の混入や二次汚染などにより品質が低下するため、1年以内になるべく早く使い切ることがベストです。

肌トラブルを起こさないために大事なこと

「いつ買ったんだっけ?」と分からなくなった化粧品を使うときには、まず変なにおいがしていないか、また分離していたり、沈殿、変色がないかを確認。肌が弱くて気になる人は、パッチテストをして確認してみるのもおすすめです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ