人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.22

水道水がスパークリングワインに変身するSodaStreamの『Sparkling Gold』

 ただの水をワインに変える! イエス・キリストの起こした奇跡を思わせる新商品が、欧州で話題となっている。

 イスラエルに本拠を置くメーカー「SodaStream」は、ただの水道水を炭酸水に変換する家庭用ソーダメーカーを世界45か国で販売し、毎年何百万もの家庭に15億リットルの自家製炭酸水を提供、世界最大の飲料会社のひとつに成長している。

 飲料業界のイノベーションを推進する同社は新興企業ではなく、100年以上の歴史がある。同社の公式サイトによれば、過去1世紀にわたり、世界中で65件の特許と198件の商標登録を含む知的財産ポートフォリオを構築し、成長と革新を続けてきた、とのこと。

 ソーダメーカーは日本でも入手可能で、スターターキットは1万4000円。わずか数秒でいくらでも炭酸水を作ることができ、好みのシロップを入れればありとあらゆるタイプの炭酸ドリンクを楽しめる。

 さらに、ペットボトルやビン、缶が不要となるため、リサイクルに要するエネルギーやガスが削減され、環境にも貢献できる。シロップを用いた場合、炭酸飲料500mL1本あたりにかかるコストは約54円、炭酸水だけなら約18円と、コストパフォーマンスも高い。

 今回同社が発売するのは、スパークリングウォーターに添加する高級アルコール濃縮エッセンス「スパークリング・ゴールド(Sparkling Gold)」だ。ドイツの代表的な白ワイン「リースリング」のテイストで、ドイツのみの限定販売となる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ