人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.22

「何もしていない」はウソ!?8割以上の女性が同意する美肌女性の生活習慣

月桂冠総合研究所は、長年にわたり、酒造原料の米麹や副産物の酒粕が、いかに美容や健康への効用を発揮しているかを解明するために研究を行なっている。その中で、酒粕分解物のペプチド、米麹に含まれるデフェリフェリクリシン、そして米麹や甘酒を用いて造られる甘酒にも美肌効果があることを明らかにしてきた。

同社は昨年、発酵食品である甘酒の美肌効果がどの程度認知されているのか、また、世の女性が美容にどのような悩みを抱えているかを探るため、「美肌と発酵食品『甘酒』に関する調査」をインターネットリサーチで実施。1000名の有効サンプルの集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア)

■女性が抱える体の悩み、トップ3は「肌のシミ・シワ・くすみ」「肩こり」「毛穴の黒ずみ・たるみ」

20歳~59歳の女性1000名(全回答者)に、現在抱えている美容や体の悩み・不調について聞いたところ、「肌のシミ・シワ・くすみ」が52.4%で最も高く、次いで「肩こり」48.6%、「毛穴の黒ずみ・たるみ」47.2%、「肌荒れ・乾燥肌」44.6%、「冷え性」39.7%が続いた。女性が抱える美容や体の悩みの上位5項目のうち、3項目が肌のトラブルなど、“美肌”に関連する悩みとなっている。

また、1日6時間以上スマートフォンを利用する人は、「毛穴の黒ずみ・たるみ」や「肌荒れ・乾燥肌」の悩みを抱えている割合(ともに56.1%)が、スマホの利用時間が短い人やスマホを利用していない人に比べて高くなった。スマホ利用時間が長い女性は肌のトラブルに悩むことが多いようだ。スマホに熱中し過ぎで睡眠時間が短くなるなど、生活リズムが乱れているのかもしれない。

また、冷え性の悩みを抱える人は、「肌のシミ・シワ・くすみ」(56.4%)や「毛穴の黒ずみ・たるみ」(54.2%)、「肌荒れ・乾燥肌」(57.4%)といった肌の悩みを抱えている割合が、冷え性でない人(それぞれ49.8%、42.6%、36.2%)よりも高くなった。冷え性と肌のトラブルは併発しやすいようだ。

次に、美容に関する意識について聞いたところ、「年を重ねても美しい女性でいたい」と思う割合(「非常にそう思う」と「ややそう思う」の合計、以下同様)は93.9%、「肌年齢は見た目年齢に大きく影響する」と思う割合は94.9%となった。ほとんどの女性は、いくつになっても美しい女性でいたいと考えており、若々しい見た目を保つには、肌年齢を若く保つことが効果的だと考えていることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ