人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

米国で注目されるDVから被害者とペットを守る法律

2017.12.22

ある調査によれば、日常的にDVの被害を受けている女性は、そうでない女性と比較して、ペットが傷つけられたり、命を奪われたりすることがあると答えた割合が11倍高く、また、ペットを傷つけると脅された割合も4倍以上であったそうだ。ペットに対して虐待が行われている現場に子どもがいる場合もあり、そうした環境で育った子どもへの影響を心配し、悩む母親も多かったと(*2)。

そうした現実がある中で、州境を超えて効力をもつ法律が必要であると主張する意見も多く、注目されているのが、「ペットと女性の安全法/Pet And Women Safety (PAWS) Act」という法案らしい。

これは現行の連邦刑法におけるストーカー的行為(DV被害者のペットへの暴力や死に至らしめるおそれのある行為などを含む)の解釈を広げ、保護命令は州を超えても有効となり、その中にペットもいる場合は、もちろんペットに対しても有効に働く。被害者が飼うペットを傷つける意思をもって州を超えた違反者には最高5年の懲役、罰金、またはその両方が課せられる他、被害者への賠償金にはペットの獣医療費も含まれる。加えて、法案にはシェルターや住宅の支援、資金援助、ペットのサポートサービスなども含まれている(*3, 4, 5, 6)。

この法案は2014年と2015年に議会に提出されたものの、法としては成立せず、今年の2月に三度提出されて、目下審議中のようである(*3, 4)。

PAWS法を支援するある動画の中には、アメリカでは年間約100万頭のペットがDVによって虐待を受けているという一文があった。事実であるなら、想像を絶する数だ。また、アメリカ国内にある2,500以上のDV関連のプログラムのうち、ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)のデータに基き、現場でペットを収容できるのは67だとか(*5)。

これは遠い外国の話ではあるが、国内でも同じような問題は潜んでいるはずで、それを忘れてはならないだろう。

参考資料:

(*1)Map of State Laws Allowing Domestic Violence Orders to Include Pets / MICHIGAN STATE UNIVERSITY, ANIMAL LEGAL&HISTORICAL CENTER

(*2)Battered pets and domestic violence: animal abuse reported by women experiencing intimate violence and by nonabuses women / Ascione FR et al. / NCBI, PubMed, 2007 Apr;13(4):354-73, PMID:17420515,DOI:10.1177/1077801207299201

(*3)H.R.909-Pet and Women Safety Act of 2017 / CONGRESS GOV

(*4)H.R.909: Pet and Women Safety Act of 2017, S.322: Pet and Women Safety Act of 2017 / GovTrack

(*5)Massachusetts congresswoman pushes bill to protect domestic violence victims and their pets / MASS LIVE

(*6)PET AND WOMEN SAFETY (PAWS) ACT / Animal Welfare Institute

文/犬塚 凛

構成/ペットゥモロー編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。