小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LINE、YouTube、Instagramは動いたけど…ひと昔前の中古スマホで2018年を乗り切れるか?

2017.12.22

■2015年に発売「iPhone6s」

 最後は2015年に発売された「iPhone6s」。本記事の中では圧倒的な新しさを誇る。こちらも持ち主に頼み込み、喫茶店で調査させてもらった。すると悲しいかな、Xperia Aを使う筆者は「感動」を体験することになった。

【採点項目1】主要アプリは使えるのか?

 もちろん使える。それどころか、アプリの動作が早い。LINEはトークルームが素早く開くし、Twitterをスクロールすると超流れる。Googleマップも手早く検索できた。「骨とう品」のスマホを使う筆者は、iPhone6sという「ちょっと古いスマホ」を使うことでアプリ本来の動きを知ることができた。しかし知人は「当たり前だろ?」という顔をしている。やはり2013年以前のスマホはおすすめできない。

【採点項目2】人気ゲームアプリは使用可能か?

 こちらも当然使える。重いグラフィックもなんら問題なく再生される。筆者は久しぶりにゲームアプリを楽しんだ。

【採点項目3】ネット環境

 「@DIME」を検索してみると、体感的にXperia Aより1.5倍早く表示された。なんら問題ない。

【結論】

 2013年以前のスマホを購入してはいけない。

■まとめ

 iPhone6sの調査でネタっぽい感想を並べてしまったが、それだけ「ひと昔前の中古スマホ」の性能には限界があり、使う人は制限されるということだ。Xperia Aの項目にて「3つの条件を満たせば最終手段としての購入もあり」と書いた。2013年以前の中古スマホはまさしく「最終手段」であり、よほど検討を重ねて購入しないと絶対に後悔する。中古スマホの購入を検討している人は、自身のスマホの使い方を見極めて選んでほしいし、できるならばお金を貯めて最新スマホを買った方が断然いい。

 また、今回の調査で「カメラ性能」も判定しようと考えていたが、協力してくれた持ち主たちの最新機種と古いスマホを比べると、どうしてもイマイチだった。カメラ性能を求めるならば、なるべく最新のスマホを購入するべきだ。

 今回の調査で2014年発売のスマホは入手できなかったが、筆者の勘では、おそらく「2018年をギリギリ乗り越えられるスマホは2014年発売の機種」と考えている。2015年発売のスマホは故障がない限り、安心して使えるだろう。

 現代人にとってスマートフォンは「インフラ」と呼べる存在になった。それだけ毎日の生活に影響を与えているツールだ。だからこそ、お金を出し渋ることなく自身の使い方に合ったスマホを選んでほしい。

※本記事は個人的な感想に基づきます。中古品、古い機種の性能については保証しかねますので、ご自身の判断でご利用下さい。

取材・文/いのうえゆきひろ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。