人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.21

アナログだけど現場では役に立つ!?腕に巻き付けて装着するウェアラブルメモ『WEMO』

機能性フィルムメーカーのコスモテックとデザインコンサルティング会社・kenma Inc.は、様々な場面で腕に巻き付け装着するウェアラブルメモ『WEMO』(ウェモ)の発売を開始した。『WEMO』は、板状のシリコンを手首に軽く当てることで丸めて腕に装着。油性ペン・ボールペンでメモを取り、その後、指や消しゴムで擦ることで繰り返し消すことができる。

WEMO

同社によれば、「いつでも、どこでも、書ける、思い出せる」ことを目指し、医療現場をはじめとする現場最前線のワーカーに向けて開発に取り組んだという。本体サイズは幅45.0×高さ238.0×奥行き8.0mm。価格は1200円。

WEMO

本製品は、デザイナーが病院で手にメモをしている看護師の様子を頻繁に目にしたことから着想を得て、コスモテック社が特許を保有する世界初の肌用感圧型転写シール技術を応用。メモに特化した表面加工を行なうことで、なめらかな書き心地を実現した。また看護師が必ず携帯しているメジャーに着目し、目盛りを記載している。

WEMO

調査を進める中で、ウェアラブルメモのニーズは、医療現場だけでなく、災害現場、農水産現場、製造・建設現場等、広い範囲のワーカーにあることを把握。情報管理面、衛生面の問題解決するだけでなく、ハードワークに従事する人に向けた快適なツールを提供していく。

WEMO

上記ワーカー以外にも、同社には認知症・ADHD等の記憶が困難な方、多くの内容を暗記する必要のある塾に通う子どもたちや受験生等からも製品化に期待の声が届いているという。今後も使用者の声を活かし、第二弾以降は、腕に直接透明フィルムを貼り、人目につくことなく使用できる「隠せるタイプ」、シリコンバンドにフィルムを貼り、剥がしてノート等に「貼れるタイプ」の製品化を順次予している、と同社ではアナウンスしている。

関連情報

http://www.cosmotec.ne.jp/j/j_index.html

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ