人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.29

猫のオッドアイって知ってますか?

■連載/ペットゥモロー通信

犬猫好きなら聞いたことがある人も多い「オッドアイ」。オッドアイとは、左右の目の色が違う状態のこと。オッドアイの犬や猫は、ちょっぴり神秘的。昔の日本では、「金目銀目(きんめぎんめ)と呼ばれ、珍重されていたそうです。

けれど、このオッドアイ、なんで起こるのでしょうか? 気になったので、オッドアイになる原因、調べてみました。

オッドアイは、医学用語だと、「虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)」というのだそうです。一気に知的なコラムになってきましたね(笑)。人間も含め、目の色は「虹彩」の色で決まるのだそうです。人間にも、青い目や茶色い目、黒い目など様々な目の色の人がいますよね。では、その虹彩の色は何で決まるかというと、その内部で生成されるメラニン色素の量で決まるのだそうです。

メラニン色素は、紫外線から目を守る役割があって、このメラニン色素の量が多ければ多いほど、虹彩の色は濃くなるのだそうです。黒い目が多い日本人は、メラニン色素の量が多いんですね。

ほとんどの場合は、左右対称の色になりますが、何かの原因で左右のメラニン色素の量が変わると、オッドアイになるのだそう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ