人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.19

低価格なのにIGZO液晶を搭載する高コスパスマホ「AQUOS SENSE」の実力検証

■連載/一条真人の検証日記

 人々がスマホに求めるものは様々だ。しかし、確実なのはすべての人が現在の最先端のハイエンドスマホを欲しがっているわけではないということだ。スマートフォンで最大の差が生まれる要素は何か? というと、それは「持つか持たざるか」だろう。どんなスマホであろうと、スマホを持っていないのと比較すれば、それは大きな差を生むことになる。

 現在のスマホは高価なマニアのものだった時代から大きな進化をして、初期では考えられないほどの機能をリーズナブルな価格で実現するようになり、かくしてほとんどの人がスマートフォンを持ち歩く時代になった。

 そして、Androidスマホであれば、もはや、ハイエンドでなくとも3~5万円程度の価格でほとんどのユーザーのニーズを満たせるようなスマホが手に入るようになった。そのため、この価格ゾーンにおけるスマホの戦いがホットになってきている。

 さて、メーカー製のスマホもこのあたりの価格の製品に力を入れるようになってきた。そのような製品のひとつがシャープの「AQUOS SENSE」だ。


角のない外観は白物家電メーカーらしい「AQUOS SENSE」UQモバイルモデル。

■外観

 このスマホのテーマカラーは「ブルー」だという。ブルーモデルは今までにないカラーリングなっている。正面は普通のシンプルな白で、ごく変哲のない感じなのだが、側面、背面はあわい青になっている。このカラーはどこかフランス的な印象で洒落ている。この側面と背面は連続しており、ほかにない独特なデザインになっている。

 この側面、背面はマット仕上げで、視覚的にはやや柔らかい印象で、材質もグリップ感が高く滑らないのがいい。

 ディスプレイは5インチでボディが小柄なため、滑りにくいボディと合わせて、かなり扱いやすい。ちなみに電源ボタン、音量ボリュームは右サイド上部に配置され、ごく標準的なボタン配置だ。


側面はブルー


側面と連続した背面。


USBは底部に配置されUSB-Cになっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ