小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

格安&SIMフリースマホ業界の裏側はどうなっている?

2017.12.19

石川氏:大手キャリアで扱っている商品を販売するから、比較されたり、大手キャリアの方がいいじゃんっていう話になるわけで、Xperiaはあれだけ海外にラインナップがあって、日本未発売のモデルがあるんだから、それを持ってきてもいいんじゃないのかなという気が正直するんですよね。

石野氏:ひとつメリットというか、強いて言うと、Xperia XZ Premiumはドコモからしか出ていないので、特徴はあると思うんです。でも、あの台数で......。かといって、ミッドレンジモデルを持ってこようとすると、それはそれで大変なことになっちゃうので、なかなか難しいとは思いますけどね。

石川氏:別にプレミアム回線なんて要らないから、普通に売ればいいんじゃないのかな。

法林氏:So-net(ソネット)とソニーモバイルは、代表者は同じ(十時裕樹氏)。でも、会社は一応、別会社。どうバランスを取っていくのかというところだと思うんですけど、僕が見た感じだと、So-net(ソネット)は変化球が過ぎる感じはするし、ソニーモバイルは、大手キャリアに対しては王道を貫いているけれども、貫いていることが他の事業の拡大を大きく阻害している感がすごくある。例えば、シャープの「AQUOS sense」とかは、大手キャリア向けモデルは背面の仕上げがちょっといいんだけど、SIMフリー版はコーティングを変えて、少しコストを抑えているみたいな感じで、差別化している。Xperiaはそういうことをやらない。それってもったいなくないですかと思う。

石川氏:「Xperiaが格安SIMで使えるnuroモバイル」という位置付けでいいような気がする。それでソニー好きが買ってくれるだろうし、「Xperia Hello!」も「Xperia Touch」も、「aibo」を買ってくれるような人が買ってくれればいいんじゃないのかな。


aibo

法林氏:なんか、みんな冷めてますね(笑) もう、こいつら、どうでもいいよと思ってる?

石川氏:いや、全然、そんなことないですよ。

石野氏:そういう意味だと、Xperia XZ Premiumは良かったかもしれない。ソニー好きが無条件で買ってくれる。

法林氏:もうこの際、aiboとか付けりゃいいじゃんかよって思うよね。全部付けとけよ、なんだったら「PS4」を付けてやれよ、みたいなさ(笑)

石野氏:nuroモバイルの発表会で、その場にいたソニーモバイル関係者に聞いたところによると、ファーウェイやASUSの勢いを無視できなくなってきたみたいで、「うちとしても、もうこれはやらざるを得ない」ということで、舵を切ったという感じはする。

石川氏:ASUS、勢いあるの?

法林氏:いや、正直なところ、ないよ、一時期の勢いはもう止まってるじゃん。

石川氏:止まってるよね。

石野氏:でも、ZTEのことも気にしていた。1年前はもう駄目でしょうと思っていたのに、ここまでちゃんと広がってくると、やっぱりうちも無視できないと。

石川氏:ソニーモバイルが取っているユーザー層と違うじゃん。

石野氏:まあ......とはいえドコモでは「MONO」とかで結構ユーザーを取られちゃったじゃないですか。

石川氏:なるほど。今後、頑張って増やしていくんだろうから、そこに期待なのかなという気はするし、Compactシリーズぐらいであれば、格安SIMとの相性はいいだろうし。

石野氏:そうするとたぶん、ファーウェイは大丈夫だとしても、ASUSとか、今のラインナップで今後、大丈夫かな、みたいな感じになるかもしれない。

石川氏:AQUOS senseが典型だけど、日本メーカーはかなり格安SIM、格安スマホに本気を出し始めてきている。しかも、シャープみたいに、キャリアに対しては、割引がなくても安価に買える端末として出しているし、SIMフリーとしても出しているし、Android Oneとしても出すし、という感じで、ああいったベーシックモデル、取り回しがいい端末になりつつあるので、結果、メーカーとしても台数を稼げる市場になるし、コストが下がって安くつくようになるし、となると、日本メーカーにとってかなり有利になってくるのかなと。ユーザーにとっては、日本メーカーの安心感で買うということもあるし、防水も付いているし、テレビ見られるし。

石野氏:でも、日本メーカーといっても、もう富士通とシャープぐらいしかない。

石川氏:その2つでしょう。その2つで十分じゃないですか。

石野氏 とはいっても、富士通はちょっと......。

法林氏:京セラを忘れないでくださいね。どうして毎回、京セラが忘れられる。

石野氏:京セラがSIMフリーに本腰を入れたかというと、全然違うでしょう。

法林氏:入れてないね。京セラは部品メーカーですから。とある関係者は、「いや、うちは部品メーカーですから」と言ってボケていましたからね。

石野氏:部品には常に本腰を入れていますけど、なんだろうな。富士通は富士通で、ちょっと経営環境というか、いつどこかに吸収されてしまうか分からないので。でも、そういう意味で言うと、シャープはもう安定している。強くなったとは思いましたね。「AQUOS sense lite」は頑張っている。

法林氏:AQUOS sense liteはさっきも言ったように、AQUOS senseのMVNO向けモデルで、仕上げが少し違うだけで、ほぼ同スペック。あと、「AQUOS R compact」もソフトバンクとauから出るし。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。