人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.19

格安&SIMフリースマホ業界の裏側はどうなっている?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は格安&SIMフリースマホの実態に迫ります。

■とうとうXperiaがSIMフリー市場に参入

房野氏:nuroモバイルがとうとうXperiaを扱うことになりましたね。「Xperia XZ Premium」が限定1万3000台ということですが。


房野氏

法林氏:ついにXperiaがっていうけど、これって本当にいいの? って思ったんだけど。


法林氏

石川氏:自分も、1万3000台限定というところが、ちょっと気になった。限定にしなくていいような気がするし、すごい中途半端な気もするし。


石川氏

法林氏:このスマホ会議で、なぜXperiaはSIMフリー端末を出さないのかという話を散々してきたけど......。

石野氏:別帯域、Xperia専用のプレミアム帯域と紐付いているので、たぶん、限定にしないと数が読めないんだろうと。だからマックスで1万3000台ということなのかな。

法林氏:何がしたいのかがわからないんですよ。プレミアムな端末とサービスをセットにして提供したいという話なのか、プレミアムな回線を提供したいという話なのか。だから、いまひとつピンと来ない。

石野氏:そもそも僕は、なんかピンと......。

法林氏:石野君はもちろん、契約するんですね(笑)

石野氏:いや、別にXperia、要らないから。

法林氏:しないの〜?。

石川氏:ソニー好きだったじゃない。

法林氏:あんなにXperia推しだったのに、もうこんなことに。

石野氏:そんなソニーに一辺倒ってことはないですよ。でも、確かにXperia XZ Premiumは4Kディスプレイを積んでいるので、4K再生しようと思ってMVNOの回線が遅いと見られない。スペックが意味ないっていうことでは、プレミアム回線とのマッチングとしては、悪くはないかなとは思ったんですけど。一方で端末が、やっぱりどうしても高くなっちゃう。月額2980円と見せるために、1年目だけ割引を思いっきり厚くしていて、2年目、3年目の料金がすごく高くなっているんです。

石川氏:あれ、ひどいよね。

石野氏:特に3年目は、ドコモで2GBプランにするのと数十円しか違わないとか、そういうレベルになっちゃう。だったらMVNOじゃなくても、というのはちょっとあるかな。

石川氏:ドコモで買えばいいじゃんっていうところは非常にある。

石野氏:そう。高額の端末とMVNOって相性が良くないなっていうのがわかる。

石川氏:3大キャリアですら高額端末は、今、苦労しているんだから、それをMVNOが売るのは無理あるよね。

法林氏:選択がXperia XZ Premiumで良かったのかは、僕にはよくわからない。「Xperia XZs」にするとか、「Xperia XZ1 Compact」でもよかったと思う。Xperiaとしてのやり方が、もうちょっとあった気がするんだけど「プレミアム(回線)だからプレミアム(端末)機がおすすめなの?」みたいな。しかも高額だから見せ方を工夫して、後で突っ込まれる要素ばかり並べている気がする。


Xperia XZs


Xperia XZ1 Compact

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ