人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.18

あの頃これが欲しかった!テキストや画像を映し出すオーバーヘッドプロジェクター


(成人で肉襦袢を着用しています)


(画像引用:wikipedia)

学校や会社で、発表や会議を行う時に、作った資料をみんなに見せたい……そんなことがあります。

出席した人全員分の資料をコピーして配布しようとしても、いざ出席した人数分に足りなかったり、多すぎて余らせたりして、なかなか上手くいかない事がほとんどです。

また、せっかく資料を配付して、それを読んでもらいながら発表や会議を行っても、真剣には観てもらえず、下手をすれば資料を落書き帳にされてしまいます。

ここ最近はパソコンが一般的に普及したため、PCの画面を直接大画面に表示する「プロジェクタ」で資料を投影して、発表するのが一般的になりました。

これにより、ある程度は興味を持って話を聞いてもらえる様になりました。

しかし、パソコンやプロジェクタが普及したのは、まだ比較的最近の話。

実はそれ以前にも、資料を大画面で表示するシステムが存在しました。

そのシステムとは一体・・・?

そのシステムとは・・・。「オーバーヘッドプロジェクタ」

オーバーヘッドプロジェクタ(Overhead projector・OHP)は、文章や画像を聴衆に提示するための表示システムです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ