人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性のどの部分の変化を見て「老け」を感じる?

2017.12.18
◆髪の老化の悩みTOP3、1位「白髪が増えた」2位「ツヤが減った」3位「髪が細くなってきた」

「髪の老化を実感している」と回答された女性(n=416)にそのお悩み内容を尋ねたところ、「白髪が増えた」が78.1%で最も多く、次に回答の多かった「ツヤが減った(パサつきが増えた)」(42.5%)を大きく引き離した。また、年代別では、お悩み内容の2位が30~50代では「ツヤが減った(パサつきが増えた)」という回答であるのに対し、60・70代では「髪が細くなってきた」となり、60代から悩みが変わることが読み取れる。

髪のアンチエイジングケアに関する意識調査

◆約8割が“髪のアンチエイジングケア”に興味があるものの、実際に取り組んでいる人は約3割

“髪のアンチエイジングケア”への興味について女性に尋ねたところ、77.5%と約8割の人が興味を抱いていることが分かった。しかしながら、実際にアンチエイジングケアに取り組んでいる人は、28.5%と3割程度にとどまった。

◆髪のアンチエイジングケアに取り組む女性の8割が「悩みに応じたシャンプー・コンディショナー」を使用

 髪のアンチエイジングケアに取り組んでいる女性(n=147)に具体的なケア方法を尋ねたところ、「悩みに応じたシャンプーやコンディショナーを使用している」が81%で最も多く、以下、「ヘアスタイルを工夫している」(60.5%)、「白髪染めを自宅で行っている」(47.6%)が続いた。

髪のアンチエイジングケアに関する意識調査

◆髪のボリュームアップ:特別な日は“しっかり” カジュアルな日は“少しだけ”

 髪の老化で「髪が細くなってきた」ことや「抜け毛が増えた」ことについて悩んでいると回答した人(n=214)に、シーン別の髪のボリュームアップの度合いについて尋ねたところ、「フォーマルなイベントに参加する」際は、「しっかりボリュームアップしたい」と考える人が52.8%で最も多いことが分かった。

 一方、「親族/親戚と会う」、「友人と会う」、「繁華街に買い物に行く」などのカジュアルなシーンでは、「少しだけボリュームアップしたい」と考える方が6割以上を占めた。“特別な日”や“日常使い”など、シーンによって髪のボリュームの度合いを変えたいと考える女性の意識が窺える。

<調査概要>
調査名:髪のアンチエイジングケアに関する意識調査
調査対象:全国の30~70代の男女1,030名(有効回答数)※男性は一部設問のみ回答
調査期間:2015年8月17日(月)~8月18日(火)の2日間
調査方法:インターネットアンケート

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。