人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

会社員の飲み会離れの原因は30代だった!

2017.12.18

「飲み会離れ」が進む今、早い時間のサク飲みがトレンド!

 お疲れ様会や忘年会など、職場で行われる飲み会。最近は、若手ビジネスパーソンの飲み会離れが進んでいると噂だが、実際のところどうなのだろうか。今の“飲み”の状況が変化する中、そのトレンドを探ってみた。

■減少する飲み会の平均所要時間

 飲み会に参加したとき、「そろそろ帰りたい」と感じるだろうか? それとも、「もう終わりなの?」とあっという間に流れる時間に物足りなさを感じるだろうか? 今、飲み会はできるだけ短時間でサクッと終わるのが理想のようだ。2013年に株式会社ネオマーケティングが実施した、お酒を飲むことのある20~39歳の男女300人を対象とした調査では、「程よいところでしめるのがよい飲み会だと思う」と答えた人は94.0%で、「あまり長居せずに帰りたい」と答えた人が58.0%と、飲み会短時間派が目立っていた。

 一方、飲み会の中でも、会社の飲み会になると、少し様相は異なる。「好きだ」と答えた人は50.4%に留まった。さらに、会社の飲み会は「できるだけ短時間で済ませたい」が73.6%、「できれば一次会で帰りたい」が79.3%となり、ビジネスパーソンの飲み会離れは深刻といえる。

■飲む時間の新傾向 夕方~19時までが多数

 飲み会のトレンドのもう一つの傾向が、飲み会開始時間が早まっていることだ。株式会社インテージによって2012年に実施された20~59歳までの男女ビジネスパーソン800人への調査によれば、「仕事帰りの外飲み」の開始時間は、「19時台」が49.2%で最も多く、次いで18時台が34.1%だった。所要時間は「2時間くらい」が最も多く、45.4%、次いで「3時間くらい」が40.6%となった。

 また、こちらの調査でも、“早く切り上げる”傾向が現れている。2011年の調査と比べ、2012年は「一次会で帰るようになった」人が35.7%から47.9%と増えている。

 会社の飲み会に限らず、外食店においては、もっとアルコールを飲む時間が早まっていることがNPD Japan株式会社が実施した2013年の調査で判明している。外食でアルコールが飲まれる機会の滞在時間・時間帯別の伸び率は、2009年と比べて「14~17時台」のみ1.1%伸びており、特に「14~17時台」の「60分以下の滞在」は1.4%と、その傾向が多く現れている。つまり、アルコールを飲む全体の傾向としては、サクッと短時間で夕方頃に飲むのが近年のトレンドというわけだ。

 この傾向に合わせたように、牛丼屋をはじめとしたファストフードチェーンがこぞって、アルコールをちょい呑みできる新業態を展開している。吉野家や富士そば、フレッシュネスバーガーなどが好例だ。

■若手ビジネスパーソンの「飲み会離れ」は30代が牽引している?

 会社の飲み会も、このような「短時間でサクッと日中に飲む」トレンドが背景にあり、早めに切り上げたいビジネスパーソンが増えている節もあると考えられる。こう聞くと、40代以上のビジネスパーソンから、「若手は付き合いが悪い」などの愚痴が聞こえてきそうだが、一概にはそうとも言い切れない調査結果も出ている。

 ぐるなびが2012年に実施した20歳以上の会社員・公務員の男女1041人への調査によれば、忘年会が好きだと答えたのは、20代が61.6%、30代は47.8%、40代は49.4%となり、20代が最も多かった。また、忘年会では「話したことのない人と話せた」と回答した人が39.4%、「上司や同僚の普段とは違う一面を見られた」が33.6%と特に多かったことから、20代の、まだ上司や同僚とのコミュニケーションが薄いと思われる年代には、良い交流の場になっているといえそうだ。

 よって、「飲み会離れ」を牽引しているのは、むしろ30代である可能性もある。入社してある程度経ち、すでに社内事情を知り尽くしていることで、「会社の飲み会」の新鮮味が薄れているのかもしれない。

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。