人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.18

増え続ける〝没イチ〟が悩む親の再婚問題

「没(ボツ)イチ」とは、配偶者と死別した人のことを示す言葉で、平均寿命が延びる中で、「没イチ」を長く生きる時代の到来と共に着目されている。今回、「不動産相続の相談窓口」を全国で展開しているハイアス・アンド・カンパニーは、「“没イチ”と相続に関する意識調査2017」を男女1210名に実施した。

■「没イチ」という言葉を知っているのはたったの5%

「“没イチ”という言葉を知っていますか?」という質問に対して、「知っている」との回答はたったの5%だった。この「没イチ」という言葉は、離婚した人を「バツイチ」と呼ぶのに対し、配偶者と死別した人のことを示す言葉。今年、団塊世代が70代に突入し、本格的な超高齢化社会を迎える中、配偶者と死別する人は年々増加し、2015年には864万人(65歳以上)に達した。

核家族化が進んだ現代において、配偶者との死別後には1人暮らしになるケースが多く、孤独感や喪失感に苦しむ人や、一方で前向きに新しいことに挑戦する人等、様々な生き様に注目が集まっていく中で、生まれた言葉とされている。言葉の認知自体はまだまだ少ないが、実際に「没イチ」になる人の増加と共に、広まっていくのではと言われている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ