人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.17

入社3年目社員の本音「『さやえんどう』から世界が見える」カルビー・伊藤健人さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ
~カルビー・伊藤健人さん(25才、入社3年目)~

「若い部下の考えていることがよくわからん」という管理職の声をよく耳にするが、20代の社員は何を考え、どんなマインドを秘めているのか。また若い世代にとっても、同世代がどのような仕事をしているのか、興味のあるところだ。そこで入社3~5年の社員の話にじっくりと耳を傾け、彼らの本音に迫るのがこの企画である。

第5回目はカルビー株式会社の海外事業本部、伊藤健人さん(25才)入社3年目だ。

●『さやえんどう』から見える世界。

若い時から、ある程度の仕事を任せてもらえること、日本と海外の橋渡しのような仕事をしたい、それが就活時の企業選びのポイントでした。僕が入社した時は海外事業の収益が、会社全体の約12%ぐらいでしたが、この会社はテレビでも何回も取り上げられている松本晃会長が、「2020年までに海外比率を30%」と目標を挙げています。明確なビジョンの中で、キャリアを重ねていければと考えました。

研修後、海外事業本部に配属され、初めて海外出張は東欧の大国でした。市場調査を兼ねて、日本大使館を訪れる現地の政府関係者や貿易関係の人に、『さやえんどう』を試食してもらう機会を得まして。「こういうスナック菓子を、待っていた」と、現地の人の好反応に、商品力を確信しました。欧州でのカルビーの知名度はまだまだですが、やる気が湧いたといいますか。 

ヨーロッパの多くの国のスナック菓子は、甘いものを除くと、ポテトチップスかトルティーヤの類です。海外では「ハーベストスナップス(HARVEST SNAPS)」というブランド名の『さやえんどう』は、油で揚げるのではなく特殊な製法で焼き上げた後、植物油を散布する。海外ではスナック菓子の豆も野菜という認識があります。原料のさやえんどうが約70%、高タンパクで比較的低カロリーでヘルシー指向。これまでにないスナック菓子というのが売りです。

カルビーの代表的な商品の一つポテトチップスの分野では、世界的なビッグカンパニーが君臨していて、アジアのマーケットを除き太刀打ちできない。でも、『さやえんどう』は、我が社が世界のパイオニアです。実は海外事業部の売り上げの7割以上は『さやえんどう』なんです。

日本の消費者は素材の味を大切にします。ですから、さやえんどうの味を引き立たせるために日本では基本、さっぱり塩味の一種類ですが、海外バージョンにはいろんな味付けの『さやえんどう』があります。北米と南米はチーズ味、トマト煮込み味、ブラックペッパー、レモン味等の8種類。欧州は5種類。

特殊な製法で焼き上げた後、植物油を散布するのですが、欧米の場合は油分と味の比率が日本と異なります。日本と比べて欧米の『さやえんどう』は味も濃いし油分も高い。原料はさやえんどう約70%ですから、ヘルシー指向に偽りはありませんが、消費者が袋を開く油分が袋についている。

「ハーベストスナップスはヘルシー指向を謳っているのに、この油は何!?」お客様相談室が集約した海外からのご指摘が、部署に上がってくる時もあります。そんな声を反映するために開発の部署にお願いをして、塩分や油分を微調整し、北米を中心とする生産工場にそのレシピを伝える。日本では定価約130円、海外では200〜230円の『さやえんどう』には、いろいろなお国柄が反映されているなと感じています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。