人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.17

LTE回線を利用することで高画質化と低コストを実現したセーフィーのクラウド録画システム

防犯・監視カメラのクラウド録画型映像プラットフォーム「Safie」を運営するセーフィーは、電源のみですぐ利用でき、LTE回線を使ってHD画質の映像をリアルタイムに安定して見ることができる、クラウド録画型カメラとルーターをセットにしたパッケージ製品『Safie GO』の提供を開始した。

現在一般的に使われている従来型の製品は「大きい」「設置が困難」「価格が高い」などの導入ハードルがあり、ダミーのカメラを設置している建設現場などが多いという実状があった。そこで同社では以前からこの課題点を解決し、もっと手軽に安心して現場の映像を確認できる環境を作れるソリューションを提供したいと考えていたという。
また昨今、建設資材の盗難問題が深刻化しており、プロの窃盗団による被害で一晩で数百万もの損害を被るケースも発生。さらに、実際の現場に足を運ぶ必要がない確認事項も、監視画像のクオリティやカメラ設置の不足などで現場に行かなければならないことが多いという問題もあり、発生する人件費や交通費などのコストが増大することも課題となっている。

一部の現場ではネットワーク型のカメラが運用されているケースもあるが、3G回線で運用される仕組みのため画像が荒く、映像クオリティを上げるために光回線を引いてネットワークカメラを運用しようとすると、コストの問題が立ちはだかる。

そこでセーフィーでは、LTE回線を利用するクラウドカメラソリューションを開発。電源をさすだけで設置・利用することができ、移動も簡単な上、操作性が高く高画質なクラウドカメラサービスを導入しやすい価格を』実現。いつでもどこでも現場を確認でき、実際に現地に出向かなくても防犯・監視が可能になることで、業務効率化、人件費・交通費の削減になるパッケージ製品となる。

1日の作業工程をクライアントレポートして録画映像を提出するなど、さらなる映像の活用により、人手不足や現場の進捗管理などに貢献することも可能だ。

関連情報

https://go.safie.link/

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ