人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.17

ネットユーザーが完全無料化を望むものTOP5

 ネット上で起こりうるトラブルの種類は数え切れないほど様々なものがあるが、実際にはどんなトラブルに遭遇しているのだろうか。人材サービスの株式会社VSNが以前、全国・男女10~50代のインターネットユーザーを対象に、「インターネット利用に関する意識調査」を実施したところ、ネット上で経験したトラブルの中で、最も多かったのは「スパムメール」「ウイルス感染」「身に覚えのない請求」という結果に。複数あるログインID・パスワードの管理方法については、「記憶」「紙で記録」とアナログ派が多数存在することが判明した。

 調査の結果、ネット利用で最も多いトラブルは「スパムメール」、次いで「コンピュータウイルス感染」「身に覚えのない請求」という結果に。ネットユーザーの約半数が何らかのトラブルに遭っていることが分かった。また、女性に比べて男性のほうがコンピュータウイルスの感染経験が多い結果となっている。また「SNSへの不適切な投稿」は、10代に突出して多くみられるトラブルであることがわかった。

■ログインに必要なID・パスワードの管理は、「自分で記憶」「紙に書いて記録」とアナログな手法が多い

 さまざまなログインに必要なID・パスワードをどのように管理しているかを聞いたところ7割近くの方が「自分で記憶」しているという結果になった。高い世代になるほど「手帳などの紙に記録」している方が多い結果となっている。

インターネット利用に関する意識調査

 また、インターネット利用のセキュリティ対策は「有料ソフトの導入」が「無料ソフト」を上回る結果になった。セキュリティの対策について聞いたところ、セキュリティソフトの導入は、有料・無料を合わせると8割以上の方が導入していることも明らかになった。有料ソフトについては、世代が高くなるほど導入の比率が高くなる結果になっている。

インターネット利用に関する意識調査

■“完全無料化”を望むのは「公衆Wi-Fiサービス」「音楽ダウンロード」が上位に

 “完全無料化”して欲しいモノを聞いたところ、「公共Wi-Fi」がトップに。次いで「音楽ダウンロード」は特に10代の男女がそれを望んでいることが分かる結果になった。

インターネット利用に関する意識調査

◎調査概要
・調査方法:インターネット調査
・調査地域:全国
・調査対象:10~50代のインターネットユーザー、男女 合計1,100名
・有効回答数:合計1100サンプル(男性550サンプル・女性550サンプル)
・調査日時:2015年9月8日(火)~9月11日(金)

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ