人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.17

スマホやタブレット向けの先進的なワイヤレス充電制御ICをSTマイクロエレクトロニクスが開発

スマートフォンやタブレットは今日、必要不可欠なツールであり、多くのユーザが1日に複数回の充電を必要としている。これがワイヤレス充電であれば、充電器やモバイル・バッテリを持ち運ぶことなく、電源ケーブル使用時と同等の速度で、電子機器を充電することが可能だ。そこで主要なモバイル機器メーカーは、業界アライアンスに参加するとともに、互換性のある製品を開発し、ワイヤレス充電への取り組みを強化している。

さらにモバイル機器には、休憩や会議中などのわずかな時間に充電し、すぐに使用できる状態になっていることが求められる。こうした需要に対応するため、Qi規格を管理するWireless Power Consortium(WPC)は、幅広く採用されている業界標準に対して、高速充電向けのExtended Powerプロファイルを追加。これにより、最大充電電力が5Wから15Wに増強され、最大3倍速で機器を充電できるようになる。


世界の10万社を超える企業に半導体を提供するSTマイクロエレクトロニクスから、そんな高速充電に対応した最新の業界標準に対応する世界初のIC「STWBC-EP」が発表された。

「STWBC-EP」は、業界で初めてQi Extended Powerに対応したワイヤレス充電制御ICの1つであり、スタンバイ時の消費電力をわずか16mWに抑えるクラス最高の電力効率を実現すると共に、ST独自の機能を採用して、機器の操作性を向上させている。例えば、自動検出機能を強化する特許取得済みのソリューションを用いることで、充電時に対応機器を近づける際、システムを迅速に起動させることがで可能だ。また、この特許技術は異物検出機能(FOD)の性能も強化しているため、金属を含む物体が充電器の近くに存在すると、充電を止めて過熱を防いでくれる。また、電力制御と充電性能を強化する独自の革新技術によって、効率と利便性が大幅に向上させた。

STのインダストリアル&パワー・コンバージョン事業部ジェネラル・マネージャであるDomenico Arrigo氏は、次のようにコメントしている。
「STの先進的なワイヤレス充電ICを使用することにより、機器メーカーは高機能かつ高効率で、高出力の新製品を開発できます。Qi Extended Powerにより、充電時間が劇的に短縮され、STの検出性能と安全性に関する特許取得済みの革新技術を通じて、安全性と使いやすさが大きく改善されます」

「STWBC-EP」は、充電器の設計を簡略化できるほか、5VのUSB電源から12Vまでの電源電圧範囲で動作する柔軟性も兼ね備えている。 設計者が製品開発期間を短縮できるように、STは評価キット(15Wトランスミッタ・ボード、電源、ケーブルを同梱)と関連資料で構成される開発環境を用意。また、機器側で使用する高速充電用の15WレシーバIC(STWLC33)もラインアップされている。

STWBC-EPは現在入手可能で、32リードQFNパッケージ(5×5mm)で提供される。単価は1000個購入時に約2.50ドル。

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ