人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.16

イマドキの10代の消費で一番単価が高いものって?

ミレニアル世代の中心でもある今の20代は「嫌消費世代」「さとり世代」などと呼ばれ、節約傾向にあると言われるが、その次の世代と言われているのが10代(Z世代)。「ゆとり」「さとり」に続く世代として、他人に尽くしコミュニティを広げる「つくし」世代などという言葉もあり、インスタ映えやコミュニケーションに必要なものについては、消費欲が他の世代と比べて強いと言われているようだ。

今回、カンムは、バンドルカードにおけるユーザーの利用データを元に、2017年に10代ユーザーに利用された約5億円分の消費傾向について分析、発表した。

★10代の「高額消費」一番単価が高かったのは「海外通販」

「高額消費」をここでは「1回の利用単価が1万円以上の決済」と定義し、1万円以上の利用が多かった4つのジャンルそれぞれの平均利用単価(複数回利用されている利用先)を見たところ、10代全体の利用総額の7.5%を高額消費が占めていることがわかった。

上記を見ると、「旅行関連」(航空券や宿泊費など)が値段が高くなるのは当然と言えるが、「海外通販」がそれ以上に利用単価が高いことがわかる。また、「海外通販」の中でも値段の高い海外ブランドを取り扱っているECサイトの利用が多く、おそらくだが、SNSでの拡散などを目的にした「見た目重視」の傾向に依るものかもしれないということが予想される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ