人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.15

実は脳内回路が優れている!?注目される「リスクテイカー」の行動学

 決してギャンブルだけの話ではなく、ビジネスの上でも生活の中においても、リスクを覚悟した選択肢が魅力的に思えるケースがあったことはないだろうか。シビアなビジネスシーンにおいて、リスクをとることは厳に戒むべき軽率な行動であるという認識も根強いのだが、最近はリスクをとることの“効能”と、リスクをとりがちな人(リスクテイカー)の再評価がいくつか見られるようになってきている。

■あなたはリスクテイカー?

 リスクをとるか、とらないか——。行動心理学や最近注目を浴びているモチベーション科学などにおいて、ある個人にそのどちらの傾向があるのかは、その人物の社会的ポジションとそれに起因する「世界観」の問題であるという認識がこれまで一般的であった。つまり現状が好ましくこのまま続いて欲しいと考えている個人はあまりリスクをとることはなく、現状に満足しておらず挑戦を厭わない個人はリスクをとる傾向があるという解釈だ。

 したがって、その個人の環境の変化とそれに伴う「世界観」の変化で、リスクに対する認識も変化し行動も変化することになるが、現時点で自分がどちらのタイプの人間であるのかを把握しておくことは無駄ではないだろう。そこで「The New York Times」の記事では、リスクとる人(リスクテイカー)であるかどうかが簡単にわかるテストを掲載している。その内容はコイントスをすると仮定したシンプルな8つの設問だ。

1.表が出れば50ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

2.表が出れば100ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

3.表が出れば150ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

4.表が出れば200ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

5.表が出れば250ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

6.表が出れば300ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

7.表が出れば350ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

8.表が出れば400ドルが貰える。裏が出れば100ドル支払わなくてはならない。あなたはコイントスをするか?(Yes/No)

 質問自体は他愛のないもので、表が出たときに貰える金額が50ドルずつ増えていくというものだが、Yes回答の数によってリスクに対する基本的な姿勢が判明するということだ。

実は優れた脳内回路を持っていた!?注目される“リスクテイカー”の行動学
Wikimedia Commons」より。

●Yesの数が5〜6:平均的人物
確率50%の賭けで、失敗した場合の損失よりも成功した時の儲けが1.7倍以上になった条件でリスクをとるのは平均的人物であるということだ。

●Yesの数が7〜8:リスクテイカー(リスクをとる傾向のある人物)
失敗した場合の損失よりも成功した時の儲けが1.7倍以下であってもリスクをとるのはリスクテイカーと分類される。

●Yesの数が0〜4:リスク嫌い
基本的に持っているお金をなるべく減らしたくないと考えているリスク嫌いである。

 テストの結果はいかがだろうか?検証してみると、損失と儲けが100ドルずつの“1倍”でコイントスをするのかどうかが、リスクテイカーかそうでないかの分かれ目のようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ