人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.15

レコードプレーヤーの中古流通量・消費量が3年間で40%も上昇している理由

音楽CDの販売が伸び悩むなか、レコードがブームだと言われている。実際、日本レコード協会の発表によると2009年に比べ2016年の生産金額(または生産数)は約8倍にも上っている(日本レコード協会「生産実績 過去10年間 オーディオレコード アナログディスク」)。

そこでネット型リユース業のマーケットエンタープライズは、同社が運営する総合リユース品(中古品)買取・販売ウェブサイト「ReRe(リリ)」、買取ウェブサイト「高く売れるドットコム」などを通じて毎月依頼される3万件のリユース品の買取・販売案件に基づく集積データから情報を算出。現在レコードプレーヤーが人気とされる状況をリユース品の観点から市場分析を実施した。

1.レコードプレーヤーのリユース流通量・消費量が3年間で40%上昇、2015年はCDの25%に過ぎなかった消費量が2017年は50%に迫る勢い


2.他のオーディオプレーヤーの平均リユース販売価格が上昇するなか、レコードが価格を下げる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ