人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.14

マイクロソフトがWindows 10と新たに最適化されたバージョンのOffice 365を稼働するフル機能の「Always Connected PC」を発表

マイクロソフトはハワイ州マウイで開催された第2回Qualcomm Snapdragon Tech Summit年次イベントにおいて、Qualcomm Chips、ハードウェアパートナーのHPとASUSといった各社と共に、Qualcomm Snapdragonチップセット上でWindows 10と新たに最適化されたバージョンのOffice 365を稼働する、フル機能の「Always Connected PC」を発表した。

ASUSとHP はマイクロソフトと綿密に連携しPCの可能性を拡大。また、マイクロソフトは、Lenovo独自のAlways Connected PCの提供に向けて、Lenovoとも協業を続けている。

今回発表された新しいAlways Connected PC は、超薄型の美しいデザインであり Windows 10と、新たに最適化されたバージョンの Office 365が稼働する。また、ユーザーがPCに期待するすべての体験を提供することに加えて、他の PCと比較して3つの大きな優位性を提供することで、働き方を根本的に変革する、とマイクロソフトは説明している。

まず、その特徴としては、
・スクリーンが瞬時に立ち上がり、ユーザーはデバイスの起動を待つ必要がない
・自動車内でも、空港でも、コーヒーショップでも常時インターネットに接続されており、チームとの協業やクリエイティブな作業を、最も自然で安全な方法で行なうことができる
・スタンバイと適度な使用の混合環境下において、1週間のバッテリー駆動時間を提供し、常に電源コードを持ち運ばなければならないという負担からユーザーを解放する

という3点が挙げられるという。そこで、Always Connected PC は組織にとって3つの重要な利点を提供することができる。

・新しい働き方(New culture of work)
IT 部門は、IT部門が選んだデバイスがチームのコラボレーションと生産性をどのように変えるのか、というように、テクノロジーによってどのような働き方が実現されるかを常に考えている。Always Connected PC は文化的なシフトであり、チームが社内にいても、顧客を訪問していても、バスで通勤中でも、効率的に働けるようにし、今日の従業員の創造性の足かせを排除していく。

・セキュリティの向上
また、IT 部門は、ますます増大するセキュリティ脅威に対応し、組織の情報を保護強化に迫られている。セキュリティはWindows 10 の重要な注力分野だ。しかし、社外にはパブリックなWi-Fi ホットスポットが依然として存在し、毎日のようにそこに接続するユーザーは、気がつかないままにデバイスから送受信されるデータをハッカーの手に渡してしまっている。これは、企業データを盗み、ユーザーのプライバシーを侵す機会をハッカーに与えてしまうことにもなる。Always Connected PC は、どこにいても安全なネットワークに接続し、信頼できないネットワークをバイパスする、セキュリティ上の大きな進歩という側面も持つ。

・コストの削減
今日、IT 部門はオフィス内のWi-Fiアンテナとリピーターのアップデートと維持、そして、高速化のための数年ごとのアップグレードに数百万ドルを費やしている。それと並行して、携帯通信事業者は高速な4Gネットワークの構築に数十億ドルを投資してきた。現在、米国では、98パーセントが4Gネットワークでカバーされており、携帯通信事業者はさらに高速な5Gネットワークの構築を開始している。

製品の動作イメージは動画をチェック

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ