人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.14

机がキーボードに変身!最先端のレーザー技術を使った投影式キーボード『Serafim Keybo』

最先端のレーザー技術を使ったレーザー投影式キーボード、『Serafim Keybo(セラフィムキーボー)』がクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した。

Serafim Keybo
『Serafim Keybo』はアメリカのクラウドファンディングサイトKickstarterで目標金額の460%となる2600万円を調達。世界60か国2000人以上から支援を獲得した人気商品だ。今回、日本向けに日本語タイピング機能を追加。Makuakeにて先行予約販売が開始された。価格は1万1880円コースから。

『Serafim Keybo』があれば平らな面がどこでも投影式仮想キーボードに早変わり。日本語にも対応し、もう重たいパソコンを持ち歩かなくてもスマホやタブレットのキーボード操作が可能になる。さらに投影されたキーボードの明るさも自由に調整できる。

Serafim Keybo

さらに自社で開発した楽器演奏アプリ「Serafim Keybo」をApp storeやGoogle Playより無料ダウンロード。『Serafim Keybo』との簡単接続で、音楽を楽しむことができる。
こちらの専用アプリを起動すると、ピアノ、ギター、ドラム、ベースの4種類の楽器から音を選べる。楽器が手元になくても、いつでもどこでも作曲ができる。
1台でも十分演奏を楽しめるが、専用アプリで投影するピアノの音域を選ぶことができるため、『Serafim Keybo』が2台あれば、より広い音域のピアノ鍵盤を楽しめる。
※Serafim Keybo1台にBluetooth接続できるデバイスは1台まで。複数台利用の場合、デバイスは台数分必要になる。

従来の投影式キーボードは四角いキーで、キーとキーの間の隙間も小さいので、誤入力しやすいという課題があった。これを解決するため、『Serafim Keybo』は円形キーを採用。打ちやすく、誤入力を軽減するようなデザインを採用した。また、『Serafim Keybo』の本体に2000mAhのリチウムポリマー電池を内蔵しており、スマホやタブレットの充電器としても利用できる。

Serafim Keybo

実際の操作イメージは動画をチェック

製品情報

https://www.makuake.com/project/serafimkeybo/

文/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ