人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.14

ドラレコの次はコレ!居眠りやわき見運転を察知してドライバーに警告するサンコーの事故防止装置

サンコーから運転中の居眠りや脇見運転を検知し、ドライバーに警告をする『居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー』が発売された。販売価格は1万9800円(税込)。

居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー

運転中、気づかないうちに、眠気に襲われて自然と目を閉じてしまっていた……。こんな経験を持つ人も多いのではないか。この『居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー』は、高度な顔認識と瞳孔検出により、 ドライバーの瞳を監視しアラームによって注意を促してくれる事故防止機器だ。
セッティングは本体を吸盤でフロントガラス等に設置して、電源ケーブルをシガーソケットと接続。これでエンジンを始動させれば自動的にドライバーの瞳を検知。瞳孔検出センサーでまぶたと、下まぶたの間を検出して、アラーム音と日本語の音声「正面を向いて運転してください」「運転に注意してください」「あぶない!あぶない!」と、メッセージで警告してくれる。

居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー

検知時間はわずか1秒。目を閉じてからのタイムラグがないほか、あくびやスマートフォンを見ながらのわき見運転にも注意を促してくれる。居眠り運転、よそ見運転、わき見運転などを未然に防ぐ1つの対策として有効な装置といえるだろう。

検出は、昼・夜を問わず、メガネ・サングラスの使用、ドライバーが変わっても問題なく行なわれる。またGPS機能を搭載しており、徐行運転、交差点での停止中、駐車時など時速20km以下では警告は発せられない。普通車のバッテリー(DC12V)に加え、長距離運転が多いトラックなどのバッテリー(DC24V)にも対応する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ