人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.13

1日たった5分!部屋の掃除でやせる『美そうじ』とは?

「おなかポッコリ」、「二の腕ぷよぷよ」など、体型の問題を痛感して一念発起、ダンベルやランニングシューズを買い込んで運動に励むも、三日坊主に終わる…そんな挫折体験を味わった人におすすめしたいのが、日本整理収納協会の代表理事などを務める清田真未さんが考案した『美そうじ』。

 美そうじとは、「いつもの掃除をするときに、やせたい部分を意識して動かすことで、血行と代謝を改善。筋力もついて、体脂肪の燃料効率が上がって、太りにくい体になる」という、最近流行の「ながらエクササイズ」の1種。

 漫然といつも通り掃除するのではダメで、幾つかのコツを把握する必要はあるが、「2週間で太もも-1cm」、「9か月で体重が-9.6kg」など、成功例は多数。しかも、お金はかからない、時間もかからない、掃除がうまくなるなど、とっつきやすくモチベーションも維持しやすいというメリットがある。スポーツ健康医科学の専門家の協力も得て考案したそうで、科学的な裏付けもあり、その集大成は著書『1日5分で家じゅうどこでもダイエット やせる掃除!』(かんき出版)にまとめられている。

 ここまで読んで、俄然興味がわいてきた三日坊主さんに、本書で収録されている美そうじを2例紹介しよう。

【やせる掃除がけ 初級編】

 加齢によってぜい肉がつきやすくなる背中の筋肉(広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋)。ここに働きかけるには、腕の動きがポイントになるが、掃除機がけの腕の動かし方を一工夫することで、この動きを実現。習慣化させると、つまめる背中もすっきりしてくる。


掃除機本体は片手で持ちながらかけ、2分ほどしたら手を持ち替える。片足は一歩前に出し、前後に体重を移動させながら、全身を使ってかけるように。ノズルは身長の半分くらいを目安に押す。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ