人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.13

カリフォルニアの山火事で別れた猫との奇跡の再会

■連載/ペットゥモロー通信

カリフォルニアの山火事で奇跡の再会を果たしたワンコの話をお届けしたが、今回はニャンコと涙の再会を果たしたニュースが入ってきたので紹介したい。

2017年10月、カリフォルニア州ナパ郡やソノマ郡を襲った大規模な山火事。その炎も収まってきたある日、心痛な面持ちで誰かを探す一人の女性がいた。ローラ・リンゲンベルガーだ。


画像:The Wagginton Post

山火事が発生した時、ローラは家族と一緒に避難した。その時、リンゲルベルガー家の飼い猫、キティキティスターも一緒に避難するため、裏庭へ回った。20分間、彼女はキティキティスターを探したが、ローラはキティキティスターを見つけることができなかった。火の手はどんどん彼女の家まで迫ってくる。「もう二度と会えないかもしれない。」そう思いつつも、ローラは泣く泣くキティキティスターを置いて避難せざるを得なかった。

残念ながら、リンゲンベルガー家は火災で跡形もなく焼け落ちてしまった。「ああ、キティキティスター…」ローラは最悪の場合を考えた。しかし、どうしてもあきらめきれない彼女は、再び自宅へ向かうことにした。ABC10ニュースのリポーターが山火事のレポートをしていた。ローラはそのレポーターに声をかけ、自宅付近まで連れて行って欲しいと懇願した。

自宅へ着いたローラはすぐに叫んだ。「キティ!キティ!キティキティスター!」。焼け落ちてしまった家の瓦礫をかき分け、キティを探した。どうしても最悪のことを考えてしまっていた。しかし必死になって探した。

その時突然、聞き覚えのある鳴き声が遠くから聞こえた。ローラはもう一度名前を呼んだ。するとまた鳴き声が!気のせいではない。キティキティスターの声だ!ローラは急いで鳴き声の方へ走って行った。そこには、瓦礫の隙間から顔を出すキティキティスターの姿があった。煤だらけにはなっていたものの、キティキティスターは大きな怪我をしている様子はなかった。


画像:ABC10tv

ローラはすぐにキティキティスターをやさしく抱きかかえ、強く抱きしめた。そして「もう大丈夫よ。」と優しく語り掛けた。


画像:Laura Ringenberger

「その場所へ到着してから20分くらいキティキティスターの名前を叫んでいたわ。すると遠くから鳴き声が聞こえてきたの。あの子のあんな声は聴いたことがなかったわ。あの日以来、私はずっと罪悪感でいっぱいだった。もしキティキティスターを見つけることができなかったら、これからもずっとその罪悪感を持ったまま生きていかなくてはと思っていたの。だから本当に夢のように嬉しかったわ。」とローラは語る。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ