人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.13

お酒の誘いを最も断れない相手は上司?それとも取引先?

休肝日中なのに飲んでしまった!誘いを断れない相手は上司?それとも取引先?

忘年会、新年会とお酒の席への誘いが増えるこの時期。お酒が好きな人にとってはうれしい季節でもあるが、たまには肝臓を労り“休肝日”を設けているだろうか? 『チオビタ』や『ソルマック』を販売する大鵬薬品工業が昨年、30~50代のお酒好きパパ500人を対象に、飲み会事情と休肝日事情について調査した。その結果、多くのお酒好きパパが20代の時よりもお酒が弱くなったと感じ、一方で「休肝日」を設けても半数近くが誘惑に負け、飲んでしまった経験があることが明らかになった。

■約4割が3つ以上の忘年会・新年会に参加

昨年末から年明けにかけての「忘年会・新年会」への参加状況を聞いた。その結果、87%が職場やプライベートなど、何らかの忘年会・新年会に参加していることがわかった。

昨年末から年明けにかけての「忘年会・新年会」への参加状況

中でも3つ以上の「忘年会・新年会」に参加した人は41%という結果に。「職場、大学の同期、高校の同窓生とそれぞれ飲み会」(55歳)といった声も聞かれ、職場や親戚間、友人間など、複数回にわたって参加する人も少なくないことがわかった。

さらに、「お酒の飲み方」をきくと、「3世代にわたる親戚一同で、ワイワイ長時間飲み続けた」(44歳)、「気心の知れた高校の同窓生との忘年会は、みんな自慢のお酒を持ち寄って毎年へべれけ」(58歳)など、“お酒好きパパ”ならではの豪快な飲み方をしている人も見受けられる結果となった。

今年の忘年会&新年会シーズンも、何度も飲み会に参加する“お酒好きパパ”も多いと予想される。そのたびに「へべれけ」にならないためにも、あらかじめ飲み会対策をしておくことが重要だと言えるだろう。

■64%が20代の時よりもお酒が弱くなったと実感

次にお酒好きパパたちの「お酒の飲み方」の変化を調査してみると、20代の時よりも「お酒に弱くなった」と感じている人は64%となった。さらに「現在の方が飲み会の次の日を気にして飲む」(68%)という人も7割近くに上った。

お酒好きパパたちの「お酒の飲み方」の変化 

「30代になってから、同じ量のお酒を飲んでもすぐに酔ってしまうようになった」(39歳)、「少し深酒をしたかな?というレベルで、翌日起きるのがきつくなってきた」(57歳)などの声も聞かれ、多くのお酒好きパパが20代の時よりもお酒に弱くなり、二日酔いなどの体への影響を気にしているようだ。このことから、飲み会前の対策だけでなく、体質の変化に応じた「体のケア」、特にアルコールを分解・解毒する役割をもつ「肝臓へのケア」が求められていると言えそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ