人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.13

コンビニと弁当専門店、からあげ弁当のコスパがいいのはどっち?

 弁当の定番である「唐揚げ弁当」。多くのコンビニや弁当専門店に並んでいるが、最もコスパが良いのはどこか、疑問に思ったことはないだろうか。株式会社オウチーノが以前、「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「ほっともっと」「オリジン弁当」の5社で販売されている「唐揚げ弁当」の中で、最もコスパが良いのはどこの店なのかを調査したところ、唐揚げの数ではコンビニが勝利、唐揚げの重量では弁当専門店が勝利、唐揚げのコスパNo.1は「オリジン弁当」という結果になった。

最もコスパが良いのはどこの店なのかを調査 最もコスパが良いのはどこの店なのかを調査

最もコスパが良いのはどこの店なのかを調査 最もコスパが良いのはどこの店なのかを調査

■セブンイレブンは、唐揚げ弁当を置いていない

 まず、5社の店舗に唐揚げ弁当を買いに行ったところ、「セブンイレブン」は、5店舗を回ってどこも唐揚げ弁当を置いていなかった。意外なことに、シェアNo.1コンビニでは唐揚げ弁当が売られていないことが分かった。

■最も安いのは「オリジン弁当」

 はじめに、各社の唐揚げ弁当の「料金」を比べてみる。結果、最も安かったのは「オリジン弁当」で399円だった。次いで「ファミリーマート」が430円、「ローソン」が430円、「ほっともっと」が470円と続いた。お金がない時に唐揚げ弁当が食べたくなったら、「オリジン弁当」の唐揚げ弁当がおすすめだ。

■全体の重量が重いのは「ほっともっと」

 次に、各社の唐揚げ弁当の「全体の重さ」を比べた。結果、最も重かったのは「ほっともっと」で496.6グラムだった。次いで「オリジン弁当」が401.6グラム、「ローソン」が391.6グラム、「ファミリーマート」が375.0グラムと続いた。なんと「ほっともっと」の唐揚げ弁当は、他社と比べて約100グラムも多いことが分かった。ガッツリ食べたい人にもってこい!?

■唐揚げの重量が重いのは 「ほっともっと」

 次に、各社の唐揚げ弁当の「唐揚げの重さ」を比べた。結果、最も重かったのは「ほっともっと」で158.0グラムだった。次いで「オリジン弁当」が144.1グラム、「ファミリーマート」が119.3グラム、「ローソン」が112.5グラムと続いた。唐揚げをたっぷり食べたいなら、弁当専門店の唐揚げ弁当が良さそうだ。

■唐揚げ比率が高いのは「オリジン弁当」

 次に、各社の唐揚げ弁当の「唐揚げ比率」を比べたところ、最も高かったのは「オリジン弁当」で35.9%だった。次いで「ほっともっと」と「ファミリーマート」が31.8%、「ローソン」が28.7%と続いた。ごはんよりもおかずをより多く食べたいなら、「オリジン弁当」の唐揚げ弁当がおすすめだ。

■唐揚げの数が多いのは「ファミリーマート」と「ローソン」

 続いて、各社の唐揚げ弁当の「唐揚げの数」を比べた。結果、「ファミリーマート」と「ローソン」が5個、「ほっともっと」と「オリジン弁当」が4個だった。弁当専門店よりもコンビニの方が、唐揚げの数が多いことが分かった。

■弁当全体のコスパが最も良いのは「ほっともっと」

 各社の唐揚げ弁当の「1グラムあたりの料金」を算出した結果、最も料金が安かったのは「ほっともっと」で0.95円だった。次いで「オリジン弁当」が0.99円、「ローソン」が1.10円、「ファミリーマート」が1.15円だった。よりコスパ高く、ガッツリ食べたいなら、「ほっともっと」の唐揚げ弁当がおすすめだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ