人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.17

頭に巻いたネクタイは出世のフラグ!?出世する人の年末の過ごし方には意外な共通点があった!

もうすぐ酒の席ではっちゃけるサラリーマンを描いた胃腸薬のテレビCMが流れたり、宝くじ売り場で行列している人の様子がニュースに流れ始める季節。アグレッシブに〝ザ・師走〟を過ごしている人たちは、何だか幸せそうだ。彼らは一体どんな人たちなのか? 調べてみると、社会的地位との相関性が見えてきた。

 まずData1で「会社役員・経営者」、いわゆる出世した人たちがどんな場所で行列に並んでいるかを見てほしい。普通の会社員よりも高い割合で、彼らは「宝くじ売り場」の行列に並んでいたのだ。ほかにも「名所や話題のスポット」「新作発表(スマートフォン・書籍など)」と、トレンドに広くアンテナを張っているのがわかる。立身出世を夢見るなら、まずはこうした習慣を取り入れるべきだ。

 また、Data2を見ると、「頭にネクタイを巻く」という古典的な酔っぱらいや、サラリーマンとしてタブーの「無礼講での失敗」も、実は経験者のほうが出世の実感が高いことがわかる。そう考えると忘年会など酒の席では、はっちゃけるぐらいがちょうどいいのかもしれない。

 とはいえ、無礼講を実行に移すには勇気がいる。であればData3のように、年収1000万円以上の人に多い「ミニマリスト」を目指すのはどうだろう。折しも年末は大掃除シーズン。「これも出世への第一歩」と考えれば、断捨離も仕事もスムーズに進むかもしれない。

【 Data1 】
経営者は話題のスポットと宝くじが大好き!?出世する人は行列に並ぶことも厭わない

「会社役員・経営者」「会社員」と並んで気になるのは、「無職」の行列に対する関心の薄さ。全体の約4割が行列に並んだ経験がなく、一番割合が高い「テーマパーク・遊園地」も極端に少ない。時間は一番あるはずだが、流行や話題のスポットなどには興味がないようだ。

■「会社役員・経営者」「会社員」「無職」別スポットで並んだ経験がある割合

「会社役員・経営者」「会社員」「無職」別スポットで並んだ経験がある割合

※2017 株式会社プラネット 意識調査「Fromプラネット」調べ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ