みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >ここまで進化したヤマハのフロント二…

ここまで進化したヤマハのフロント二輪バイク『TRICITY』の走り(2017.12.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は、フロント二輪のオートマチックコミューター『TRICITY125』およびABS装備の『TRICITY125 ABS』 について、新たに水冷4ストローク・124cm3BLUE COREエンジンを搭載。LEDヘッドランプを採用するなど、装備の充実を図った2018年モデルを2018年1月20日から発売を開始する。価格は『TRICITY125』が36万5000円、『TRICITY125 ABS』は40万円。その特徴として、まず “BLUE CORE”思想に基づき、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発したエンジンを搭載。吸気排気バルブを4バルブ化するとともに、VVA機...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。