人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.11

福井県民の働き方意識、男性は「家族のため」、女性は「貯蓄のため」

昨今の「働き方改革」の推進に伴い、働き方への取り組みについて報道される機会が増えてきた。残業など労働時間の短縮に加え、「自分は何を目的に働いているのか」「働きやすさとは何か」など、様々な観点で仕事に対して向き合っている人も多いはず。

そこで通信回線やスマートフォンなどの通信インフラサービスを取り扱うALL CONNECT(以下オールコネクト)では、福井県に住む20代~60代の有職者200名と福井県以外に在住する20代~60代の有職者200名を対象に「仕事に関する充実度」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。先日、その結果を公開した。


仕事に関する充実度

まず働く目的について聞いた。「家族のため」という回答を<居住地別・性別>でみると、福井県在住の男性が59.9%に対し、福井県以外在住の男性は49.3%と10.6pt差が出る結果に。福井県在住の男性はより家族想いなのかもしれない。また、「貯蓄するため」という回答では、福井県在住の女性が55.6%と半数を超える結果に対し、福井県以外在住の女性は42.6%。福井県に住む女性の2人に1人が貯蓄目的で働いていることがわかる。

仕事に関する充実度

次に“働きやすさ”とは何かについて質問すると、全体で最も多い回答が「人間関係が良好である」73.5%となった。2016年の調査結果と比べて回答割合が最も増加したのは、全国の男性が「有給休暇を取得しやすい雰囲気である(11pt増)」、次いで「仕事の役割・担当が明確である(8.4pt増)」に。一方、全国の女性は「働きたいと思える仕事(会社)である(16.4pt増)」、次いで「賃金が適切にもらえる(16.2pt増)」となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ