みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >イマドキ夫婦の家計管理、決定権はど…

イマドキ夫婦の家計管理、決定権はどっちにある?(2017.12.16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計の管理をしているのは夫と妻、どちらが多いのだろうか。今回、ジブラルタ生命保険は、20歳~59歳の就業している男女2000名を対象に、「働く男女のお財布事情とホンネに関する調査2017」をインターネットリサーチで実施し、集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア)

★64%の家庭で「ふだんの買い物」では“妻が財布の紐を握る”と判明

配偶者がいる人(835名)に、お金の使い途の決定権は夫と妻でどちらが強いか聞いたところ、「ふだんの買い物の決定権」では、『夫が強い(計)』(「完全に」+「やや強い」の合計。以下同様)が12.9%、『妻が強い(計)』が63.9%となった。ふだんの買い物では、妻が財布の紐を握る家庭が圧倒的に多いことが明らかになった。

そのほか、「大きな買い物の決定権」では『夫が強い(計)』が45.2%、『妻が強い(計)』が21.9%と、夫側が強い夫婦のほうが多くなった一方、「家計・資産管理の決定権」では『夫が強い(計)』が29.6%、『妻が強い(計)』が38.3%で妻側が強い夫婦のほうが多くなった。ふだんの買い物や家計管理の方針決定などの場面では妻側が“財布の紐”を握っている夫婦が多いようだが、住宅や車などの大きな買い物は夫側が握っているという夫婦が多いようだ。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。