人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.09

男はマユの手入れをするべきか?

■連載/オンナは男のココが気になる!

男は眉の手入れをするべきか?

時々訪ねる街のある通りに、毎回気になってみてしまうある立て看板があります。眉のお手入れをするサロンの看板らしく、そこには女性ではなく男性の眉のbefore & after写真が大きく掲載されています。そして、いつも思うのです。「これ、集客になっているのか?」と。

写真の男性は推定30代全般。After写真では、いまどき女性でもやらないような極端に細眉に整えられており、正直、“チャラい”のです。自然な眉のBefore写真の方が、あきらかに男としてのクオリティが上に見えるのです。女性にも好みがあるので一概にはいえませんが、おそらく10人のうち9人の女性はBeforeを選ぶ。そう思わせてしまうほど、そのAfterの仕上がりはひどいのです。この看板をみて、「こういう眉の方が女性にモテるのか」と誤解してしまう純情な男性がいたらどうしよう、と心から心配になります。

だから、DIME読者の皆様には、ぜひお伝えさせてください、「男性の眉のお手入れは、女性以上に、絶妙なさじ加減が必要です!」

毎日メイクをしている女性でさえ、一番難しいと言われているのが眉。しかも女性の場合は、眉にもトレンドがあるので、実は絶えず技術習得をしながらがんばっております。お気づきだと思いますが、今は少し太めのナチュラル眉がトレンド。少し前の「ボサボサめの太眉」よりは少し小ぎれいになってきているとはいえ、それでも作り込みすぎないナチュラル系が主流。

そんな中、例のBefore写真の男性のような、極細のアーチ眉は、見ていてつらいのです。チャラいだけでなく、古いのです。

「そもそも男性が眉の手入れをすること自体、なんかいやだ。」そういう女性も多少はいます。でもそんなのは気にしなくていい、と私は思います。要は、やりすぎなければよいのです。そして、「いかにもお手入れしました」という感じしなければよいのです。絶妙なほんのちょっとのお手入れで、清潔感をアップする、それが大人の男性のおしゃれだと思います!

以下は、女性ならだれでも知っているような眉のお手入れの「イロハ」。意外に男性はご存じないかもしれませんので、ぜひ、ご参考になさってください。

•眉頭は、いじらない。(不自然になります。)
•眉の上のラインは、いじらない。
(調整するなら下のライン。眉尻の、バラバラした部分だけをカット。)
•丸顔やぽっちゃり顔に、細めの眉は似合わない。

髪、ひげ、まつ毛、体毛など、育毛治療や脱毛治療でいろんな「毛」と医師として向き合っていますが、「眉」は実は担当外。でも、実はシワ治療のときなど、せっかく目元が爽やかになったのに眉が・・・ということも少なくなく、今回はずっと気になっていたことをお話させていただきました。

 

文/今泉明子

医学博士・皮膚科専門医。東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長。しわの注入治療では認定指導医を務めるなど、肌のスペシャリストとして活躍。美容を中心に手掛ける皮膚科でありながら、患者の40%が男性という、美肌男子のかけこみドクター。

■連載/オンナは男のココが気になる!

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ