人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.09

専用アプリで自分好みのサウンドチューニングができるbeyerdynamicのBluetoothヘッドホン『Aventho Wireless JP』

ティアックは、ドイツのbeyerdynamic社初となるテスラテクノロジー搭載密閉型Bluetoothオンイヤパッドヘッドホン『Aventho Wireless JP』を12月上旬より発売を開始する。本体カラーはBrown、Black。価格はオープン価格。

『Aventho Wireless JP』はbeyerdynamic社初となる、1テスラを超える強力な磁束密度を生み出すテスラテクノロジーを搭載した密閉型Bluetoothオンイヤヘッドホンだ。
90年以上の歴史を持つbeyerdynamic社は、多様化するリスニング環境の中でリスナーの聴覚について改めて研究。ワイヤレスでもテスラサウンドを気軽に楽しむために最新のデジタル技術をふんだんに取り入れたという。

また、今回新たに開発されたサウンドパーソナライゼーションアプリ「MIY(Make it yours)」は、聴感テストを通じてリスナーの聴覚にマッチしたサウンドプロファイルを生成。そのデータはヘッドホン側に送信され、テスラサウンドを自分専用にパーソナライズしていく。その結果、よりナチュラルで耳に負担の少ないサウンドをユーザーに提供できる、と同社では説明している。

BluetoothレシーバーはQualcomm aptX HDに対応。有線使用時にはハイレゾ再生も楽しめる。

形式はダイナミック密閉型。周波数特性は10~4万Hz。全高調波歪率は0.3% (500Hz時)。付属ケーブルは1.2m着脱式片出しストレート。プラグは3.5mmステレオミニプラグ。BluetoothはVer.4.2。対応プロファイルはHSP、HFP、A2DP、AVRCP、GAVDP。電池持続時間は最大20時間まで。バッテリー容量は1050mAh。USBはType-C。本体質量は238g(ケーブル含まず)。

関連情報

https://tascam.jp/jp/product/aventho_wireless_jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ